読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

息子から手渡された物

息子はつい先程帰っていきました。どうしても私に今日中に会って直接話をしたかった理由は、むつみから手渡されたある物を渡すためでした。

 

昨日主人から連絡がきて、思い直すなら今の内だとか、こちら側に協力すれば悪いようにはしないだとか、あいつ(私)の味方をしてもこの先苦労するだけだとか・・・そんな事を何度も言われたそうです。当然、息子はそんな言葉には今更揺らぎませんし、これ以上こんな話を続けるなら録音しておくと言ったらしつこい勧誘をやめたそうです。そして、親として今までお前を育ててきたのに・・・とまた泣き落としのような話をしてきたので、俺を育ててくれたのは母さんだと言って電話を切ったそうです。

母親を苦しめて、嘘までついて自分を仲間に引き入れようとした人ですから、憎しみと怒りがこみ上げていた事でしょう、それでもあの子は、実の父親に対して冷たい態度をとったことに対して心を痛めていました。私に似て甘いところがあるので、そういった心の隙をついてくる人がいることを教訓に用心しなければいけませんよね。

 

息子が持ってきたのは数枚のコピーでした。

そこには荒々しい文字で、主人やむつみの名前、義理の母の名前が書きなぐってあり、憎い、消えたい、消えて欲しい・・・など、ここに書けないような汚い言葉もたくさん書いてありました。

 

 

 

これ、母さんが書いた日記の中にあったページらしい・・・私も覚えていないほど前の話、というよりは精神的に病んで入院寸前だった頃に感情のままに書きなぐったページかもしれません。そんな物がある事を覚えてすらいなかったのです。それをむつみが見つけ出してきて、これは立派な誹謗中傷。このままにしておけば訴えるからと言ってきたそうです。そのコピー数枚だけを持ってわざわざ息子の家の近くまで届けにきたと。

お金を返して欲しいと50万円の件を伝えると、この問題が解決するまではその話は出来ないだとか、あやふやにしている様子で・・・心配です。

息子のお金のことをこのまま帳消しにしそうで恐ろしいです。私の昔書いた日記を引っ張り出してきてそんな言いがかり?とも取れるようなことを言ってくるなんて、言葉は汚いですが狂っているとしか思えません。

 

私はあそこにある物を全て放棄した身なので、自分の日記といえど勝手に見られることに対して文句は言えないのですよね、本当は人に対して憎しみの感情を抱いたり、それをノートに書きなぐるなんて事はしたくありませんでした。その当時は吐き出す場所もなく、限界だったのです・・・きっと。

 

言いがかりをつけるのは大得意な人たちです。要求は直接の謝罪と言っているそうですが、私を呼び出すための口実でしょうね、私が弁護士を雇って代理人を通して話をしはじめることを警戒しているのかもしれません。

次から次へとよく面倒なことを思いつきますよね・・・このまま放っておいてものなのか、正解はわかりません。明日娘とも相談をしてみます。

 

息子も相当に思い詰めた様子でした。早くあの子の気持ちも楽にしてあげたいです。親のことでこれ以上子供たちに負担をかけたくはありません。