読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

帰宅しました。病院で先生に話を伺ってきたのですが、涙なしには聞けませんでした。今の私の状態は

娘が付き添ってくれたので、弁護士さんのところへも、病院の先生のところへもスムーズに移動することができて、1人で行くときよりもずっと充実した話をすることができました。

移動中の車の中で、お母さんがあの弁護士さんのことちょっと苦手って言う気持ち分かる気がする。と言われました。娘としては特に良いとも悪いとも感じなかったみたいですが、私の伝えていた「冷たい感じがする」という思いは伝わったみたいです。言い方は悪いですが、機械のような。冷徹な感じです。あまり干渉されたくないような人にとっては、ああいった先生の方が良いのかも知れませんが、私はもう少しだけ人間味のある方のほうが今後プライベートな話もしやすいのです。

 

その後、病院へ行って娘にも一緒に部屋に入ってもらい、先生と話をしました。しばらく会話をした後、先生は私に向かって言いました。

 

この短期間でかなり安定してきてるね。娘さんが傍に居てくれることで安心できてるようですね、そういう環境が欲しくてもどうにもならず、苦しんでいる人はたくさん居るから、はるこさんは幸せだよ。

 

 

 

その言葉を聞いて、思わず涙があふれてきました。第三者から言われて改めて実感できました。今の環境のありがたさを。温かい家族に囲まれて、可愛い孫の成長を見れて、これ以上の幸せはありません。もちろんいつまでもこの環境に浸って甘えているわけにはいきませんけれど、今は静養という意味でたっぷり甘えて、今までの苦労で疲弊した心を休ませるのも大切と先生に言っていただきました。

帰りの車の中で娘に改めてお礼を言いました。心から感謝している、ありがとうと。照れくさそうにしていましたけど、娘も私が元気になってきたことに喜んでくれて、いつまでだって居てくれていいんだからね、と言ってくれました。本当に私は良い子供たちに恵まれました。これが、あの結婚生活唯一の幸せです。

 

もうしばらくしたら息子が娘の家に来る予定です。何か話したいことがあると言っていたので、もしかしたら緊急性のある話題なのかも知れません。

あの子もこの短期間でたくさん苦しんだでしょうし、この間の裏切りを知った時点で主人に対しての憎しみの感情が増幅しているでしょうから、私にケアできることはしていきたいと思っています。

 

また、話し合いの後にここでご報告をさせていただきます。