読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

今朝早くにお嫁さんから連絡が入りました。彼女が出した答えは意外なものでした

早朝に息子のお嫁さんから連絡が入りました。彼女が出した答えは「今日息子の言う通りにあの家へ行ってくる」というものでした。私としてはかなり意外な結論でした。彼女なりに色々な考えがあってのことなのでしょうけれど、今日のお昼頃から息子と孫と一緒に姑やむつみや主人や私の弟?が待つあの場所へ行ってくるそうです。

彼女の声から迷いは消えていました。そして、特に細かい理由も話しませんでした。あの場所へ行ってくることを決めました。行ってきたらまた、どんな事があったのか、どんな話をしてきたのか、お義母さんに報告しますと言ってくれました。息子に報告をしている事が気付かれるからと、短い電話で終わりましたが、私はただただ返事をするだけで、決意をした彼女を止めるようなことや、反対するようなことを伝えようとはしませんでした。ここまできて私がまた騒ぎ出すのも違うと思いましたので・・・

 

夫婦で話し合った結果、本当に何もされることはない、あの場所へ行っても問題ないと判断したのでしょう、私には考えられない決断ですが、彼女も悩みに悩んで出した答えでしょうから、あとは何事もなく今日という日が終わってくれる事を祈るばかりです。

 

ひょっとしたら、弁護士先生から主人に届いている通知を出してきて、あの人たちの言う「家族」みんなでどうしたら私の考えを改めさせることができるのか、あるいは、どうしたら自分たちに有利な(主に金銭面で)条件で離婚を進められるかという話し合いでもするのではないでしょうか?

息子や弟の立ち位置や本心は見えていませんが、むつみや義理の母は主人ほど離婚に対して反対的ではなく、むしろお金の面のみを考えているような気がしています。

 

 

 

お嫁さんの決断を娘に伝えると、同じくショックを受けていましたが、彼女は賢い女性だし、きっと何か考えがあってあの場に行くことを決めたんだろうと言っていました。私たちには弁護士も警察もついていると知って、人道的ではない変な行動をとってくればそれこそ大問題になりますから、さすがに無理に何かを強要したり、嫌がらせのようなことをしてくる可能性は低いと思いますが。

 

娘家族は用事があって出掛けるので、今日は私はこの家の中でひとりです。息子家族の無事を祈りながら、気が気ではない1日になりそうですが・・・そればかり考えていても気持ちが病んでしまいそうなので、何か気分転換できることをしながら過ごします。

 

今すぐにこの場から消えてしまいたい。そういうわけにはいきませんが、何も考えずに消滅してしまいたいと思う事がたまにあるのです・・・