読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

お嫁さんからの連絡が入りました。鬼の巣窟へ孫を連れていくという話のつづき

何度考えても、どうしても納得がいかなくて、もう一度話し合ってからどうするか決めたいと息子に連絡を入れたそうです。息子の感覚は完全に麻痺してしまっているのか、血のつながっている家族の家に遊びに行くのにそんなに色々深く考える必要なんてない、せっかく近くに住んでいるんだから元気な内にひ孫の姿も見せておいた方がいいだろうし、そもそも何も嫌がらせなんてしてこないよ。話を聞いてみたら過去のこと、なんとなく自分なりに見えてきたから。と言ったそうです。過去のことと言うのは恐らく私のこと・・・何が分かったのかは不明ですが、義理の母やむつみにいいように言いくるめられてしまったのだろうと残念な気持ちになりました。

 

正直、息子は今たとえば私が何かを言ってもどうにもなりません。こんなこと言いたくありませんが、どっぷりとあの人たちの色に染まってしまいました。仕事でストレスを抱えて、悩んでいるときに、同じ男性である主人が相談に乗ったことで共感できたのか・・・何かしらのキッカケがあの子のことを変えてしまったのだと思っています。

辛いですが、今は息子の事よりもお嫁さんと孫の事を優先しなければいけませんから、一時的にあの子のことは放っておきます。自分の力で目を覚ましてくれると信じて。

 

 

 

必死になって訴えたけれど、聞き入れてもらえなかったと言っていました。今息子の目を覚ますのは難しそう・・・かと言って、我慢をして義理の母の待つあの鬼の巣窟のような場所へ行ってらっしゃいと無責任なことは絶対に言えません。

お嫁さんもむつみや義理の母には嫌悪感を抱いていて、出来る限り関わり合いを持ちたくないと言っています。同じDV被害者として、感じるものがあるのかも知れませんが・・・あの人たちからにじみ出る雰囲気に本能的に恐怖を感じているのでしょうね。

 

息子は明日ではなく、日曜日に行こうと言っているようですが、その日は珍しい人に会えそうだとも話していたようなので、ほぼ間違いなく私の弟がその場にいるのではないかと思っています。

話がどんどん嫌な方向にこじれてしまっている・・・私の力でどうすることもできないこの状況が非常にもどかしくもあり、切ないです。

お嫁さんと孫の事を救い出すための最良の方法を考えなければいけません、もうその時まで残された時間はほとんどありませんので。