読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

弁護士先生から連絡がありました。今の私の周囲の状況をお伝えして、絶対にしてはいけないと忠告されたこと

弁護士先生が離婚へ向けて、着々と準備を進めてくださっている最中に、自分の弟や主人が良からぬことを考えているという話をしました。息子が仕事を辞めることや、お嫁さんや孫の状況についてもお話して、気が付いたらカウンセラーの先生に自分の心境を話しているような状態に・・・いけませんね、優しく聞いてくださいましたし、アドバイスもいただいたのですが、私がお願いしている仕事以外の話をなんでもかんでも弁護士先生に話して、頼ろうとするのは間違っていますものね。気を付けます。

 

あまり詳しくここに書いてしまわない方が良いと思うので、詳細は事が済んで落ち着いたときに書きこませていただきますが、弁護士先生が諸々の手続きを進めてくださっています。

そして、今はとにかく周囲で何が起こっていても主人や義家族との接触はしないでくださいと忠告されました。会ってしまえば、こちらにとって不利な状況に転んでいってしまうと懸念してのことです。

 

自分から会いに行かないというのは当然ですが、例えば息子家族のところで何か予期せぬ事が起きた時に、私がでしゃばって行ってしまうと、それ自体が主人やむつみの考えている罠の可能性もあるからと・・・今は動きたい衝動に駆られたとしても、下手に動かずにじっとこらえてくださいと言われました。

 

 

 

私の考えなしの行動で先生の頑張りに水を差すようなことをしてしまっては申し訳ありませんから・・・より一層慎重に行動しようと思っています。

昔から、子供のことになると、唯一何も考えずに突発的な行動をしてしまいます。義理の母に口答えをして、何度いためつけられたか分かりません。子供が特に小さい頃には、あの人は頻繁に私に手をあげていましたから、顔を真っ赤にして怒り狂い私に暴力を振るう義理の母、泣きじゃくる子供、冷静さを失った私と・・・それはもう修羅場です。そんな中でも平然とビールを飲み、笑っている主人と義理の父の神経は、本当に今思い返しても全く理解できません。

 

よく考えればわかること、よく思いだしてみればわかる話なのです。あの異常な家族の理解できない行動は。考えすぎるくらい考えて、慎重に行動しなければ私のような鈍間な人間はすぐに足下をすくわれてしまいます。

さすがに弟や息子があの家族と近い距離にいて、私の離婚に対して理解をしましていない今の状況は想像していませんでしたが・・・どうにか乗り越えなければいけない問題です。

 

これ以上私の問題で身内に迷惑をかけたくないという思いでいっぱいです。いつまでも続くこの状況を早く終わりにしたいです。