読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

なにを考えてるの?

思わずそう言いたくなるような、昨日の今日の主人の行動・・・今日は祝日で会社が休みなんですね、あの人は早朝から息子に電話をしてきたそうです。

 

昨日の警官まで連れてきて録音をしながら尋問をする行為は卑怯だ、家族にする仕打ちではない、実の息子にあんな威圧的な態度を取られるとは思わなかった、そもそも家出した自分の妻を見つけたいと言っているだけなのに大げさに騒ぎすぎなんだと・・・

昨日会話を録音されていた時には発しもしなかった不満をいくつも投げかけてきたそうです。

 

息子は冷静に、今後はこういう接触や連絡もしないでほしい。父さんもおばさんもばあちゃんも自分の考えを人に押し付けすぎるから母さんはパンクして家を出ていったこと、そろそろ自覚した方がいいよ。と言うと、子供のくせにわかったような口をきくな!と怒鳴られ、電話は一方的にきれたと言っていました。

 

 

 

本当に呆れてしまいます。今はまだ、自分の主人ながら・・・あの人の非常識な考え方と行動が、ある程度の距離を取って見てみると、あの家の中にいたときよりも露骨に分かりますね。ずっと世間体を気にして、会社では良き夫、良き父親を演じてきましたが、そのイメージも今や崩壊して周囲の人から白い目で見られているのではないでしょうか、身なりもだいぶ変わっていると息子からは聞きますから・・・ある意味気の毒ですけど、それが自分が今までの結婚生活でしてきたことへの報いだと気付いてほしいです。自分自身で気付けなければ、一生反省なんてできないと思いますから。

 

DV被害に悩む女性のブログや、姑や小姑に苦しめられたという方の書き込みを見ていると、私が今までにされてきたことの記憶も鮮明に蘇ってきます。

私はむつみが手の怪我をしたときに、半ば介護のような事をさせられました。信じられないことですが、あの人が用を足したときには私が拭きましたし、全身くまなく洗わされました。食事のときも、寝る時も、身の回りの世話を何から何までさせられて、嫁っていうのはこういうもんなのよ、弟に生活させてもらってるんだからこれくらい嫌な顔せずにするのが当然、と我が家に住み着いてしばらくその堕落した生活を満喫していたのです。

お風呂上がりには1日歩いたからと足のマッサージをさせられ、ふざけ半分で私の頭の上に足を乗せて笑うむつみを下から見上げているのは・・・とても屈辱的でした。

 

 

私は人間として扱われていない。

そう感じて、今すぐにここから消えたいと私と同じ感情を抱く人は少なくないようですね・・・ブログをはじめて、表の世界に目を向けて、私と同じような境遇の方が大勢いらっしゃること、そしてあの家族のような鬼たちがこの世の中には存在していることを知れただけで少し気持ちが楽になりました。

 

私がこの結婚生活に終止符を打つことで、誰かの心の支えになる事がもしできるのなら嬉しいです。負けられません。主人の態度を見ていると、やはりまだ反省とは程遠いようなので・・・あちらに何かをされる前にこちらが動きます。