読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

思わずヒッと小さな悲鳴をあげてしまいました。磨りガラスの窓に張り付いた男の顔

つい30分ほど前の話です。着替えをして、野菜のスープでも作ろうかと考えていたところ、台所横の磨りガラスの窓に男性の顔が張り付いていました。思わずヒッと声が出てしまうほど驚いて、心臓が痛いほどドキっとしました。手で顔の横を覆い中の様子をきょろきょろ見ている様子で・・・恐らく、窓に近づいておらず距離があったので私の姿までは向こうから見えなかったとは思うのですが、2〜3分ほどしていなくなりました。

 

幽霊か何かかと思うほど不気味でした。突然窓に人の顔が張り付いているわけですから。この前訪問してきた男性か?別の人なのか。ここの住人の誰かなのか部外者なのか・・・誰かはわかりませんが、いずれにしてもこの時間に人の家の窓にはりついてまで中の様子を伺うなんて普通ではありませんよね。

今日大家さんに連絡をして一応報告はしてみるつもりです。

 

 

 

朝から変なことがあったので一気に目が覚めてしまいました。昨日お話した通り、今日息子と主人は2人で会うそうです。何を話すのか、どんな目的があるのかはわかりませんけれど、お互いに考えがあるのでしょうね。何らかの報告があったらここでもご報告させてください。

今日は新天地についてもう少し調べようと思います。私の中である程度の目星がついている場所がいくつかあるので(完全に直感的ですが)その周辺のことや、求人についても少し調べてみようかと思います。

本当はしばらく住み込みで働けるようなところがあれば、予算的にもありがたいのですが。貯蓄はコツコツ貯めたパート代しかないので、できるだけ早く職を見つけて今後のための生計を立てたいです。節約生活が続きますが、それでも幸せを感じるでしょうね、生き甲斐を感じながら生活をしていけると思っています。

 

引越しをする場所が決まったら、一度下見に行かないといけませんね。実際に行ってみてどんな場所なのか、生活しやすいところなのか確認してみたいと思っています。

鬼たちの手のとどかないところへ・・・早くここから消えたいです。あと少し、あとほんの少しの辛抱です。

 

 

今日は駅の方まで少し買い物に行きたいと思っていたのですが、さっきの窓ガラス張り付き男のことがあったので、少し怖いです。たまたま通りかかった隣の住人が中が気になっただけ?・・・にしても不気味ですよね。

なるべく明るい時間にさっと行動して、戸締りはしっかりしていこうと思います。特になんでもないといいのですが。

 

仮の住まいでもう少し心安らかに静養できると思っていたのですがなかなか落ち着かないものですね。