読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

着信拒否を検討しているけれど、身内のことを拒否してしまっても良いものなのか?その葛藤をしていると連絡があり、私は即答しました

お嫁さんから連絡が入りました。むつみからの着信やメールの数がすごいと。どうやら息子はまだ別居の事実をあの一家には伝えていないようで、今日は出掛けているの?家にいるなら遊びに行ってもいいかしら?などとメールが送られてくると。ずっと無視をしているのも不自然なので、返信をしようか電話にでようかと考えたようですが、体が拒絶反応を起こしてあの人からの連絡に対応できないと話していました。

 

今着信拒否をすれば、異変に気付いて私たちが別居をしていることが知られてしまう、そうなればまた何か嫌がらせをされるのではないかと恐れていました。その気持ちは痛いほど良く分かるのですが・・・私は「すぐに拒否してしまった方がいい」と伝えました。

そのような連絡をしてくるという事は、まだお嫁さんが家を出たことに気付いていない?ではホテルの近くでむつみを見かけたのは本当にただの偶然?色々な疑問が残りますが、今はストレスの原因であるあの人からの連絡を絶つことを優先した方がいいと思ったので、とにかく連絡には反応せずに拒否をしてしまった方がいいと伝えました。

 

あれだけ強く、頭が良くていつも冷静なお嫁さんがすっかり怯えていましたから・・・サイコパスたちは本当に恐ろしいです。これ以上追い込まないで欲しい、かまわないであげて欲しいのに・・・こんな願いが伝わるわけはないのですが。

 

 

 

写真のことは弁護士先生にお伝えし、今後のことについてメールでおたずねしておきました。未だにショックも残っていますが、娘も相当気を病んでしまって今日はため息ばかりです。この写真のこともそうですし、自分の弟と久し振りに話をして、その変わり果てた容姿と考え方に愕然としたのでしょうね。私もなぜあんなところまでいってしまったのか・・・非常に残念な思いですが。

 

旅行で英気を養ったはずなのに、元気をたっぷりと補充したはずなのに、すっかり打ちのめされてしまいました。相手は鬼、悪魔です。

私たちの想像できる範疇を当然のように超えて、ありえないゆさぶりをかけてきます。焦ってばかり、心配してばかりではいけないのでしょうけれど、悪い想像ばかりしてしまいます。

 

一筋縄ではいかない相手だとは最初から分かっていましたけど、本当にここまで人のことを追い込むような人たちが身内ですぐ近くにいると思うと嫌になります。

早く消えてしまいたい・・・私だけが消えれば解決する問題ではなくなってしまいましたが