読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

息子は仕事をやめることを決めたようです。お嫁さんや孫のことが心配でなりませんが、この決断は

夫婦で決めたこと。私が横から口出しすることではありません。当然息子のこともお嫁さんと孫のことも心配です。今後の苦労を想像すると本当に・・・でも、今は何も言わずに見守ってあげることが、私にできる1番の対応なのでしょうね。

仕事をやめたあとの事、新しい職場のことなどはある程度目星がついていると話していましたけど、お嫁さんも仕事をはじめるかもしれないと話していましたし、孫のことが1番の気がかりです。どうにかスムーズに転職してくれれば良いのですが。

 

昨日の主人からの電話のあと、弟からは何の連絡もありません。主人とどんな話をしているのか、もうむつみや義両親とも会ったのか、何か新たな事を企んでいるのか・・・何も分かりませんが、私が望んでいない行動をしているのは間違いありません。弟は単純に「良かれと思って」あの人たちと会っているのでしょうけれど、すべて裏目に出ています。離婚をすれば主人も義両親も不幸になってしまう、私も路頭に迷ってしまう、だか俺が動いてなんとかしなければ、という正義感?から動いているのでしょう。昔から思い込むとそこに向かって一直線。周りが見えなくなるところがあります。それが良い方向に作用することもあれば、今回のような暴走になることも・・・

 

 

 

オーストラリアへ行く前に土日を挟んでいますから、弟がその間仕事をしていなければ、たっぷりとあの人たちと話せる時間を作れるでしょう。もうむやみに連絡をとらないようにしますし、十分に警戒して生活します。

 

はあ、とため息が出てしまうことばかりです。でも今は落ち込むことよりも自分のすべきことをしないと前へは進めないので、私は私のできることから1つづつこなしていくつもりです。