読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

我が家での話し合いの結果

孫たちは遊び疲れてお昼寝をはじめました。私も少し休憩をもらおうと自室に戻ってきました。息子とお婿さんからはまだ連絡がきていないので、元我が家で話し合いを続けているものと思います。終わったら戻る前に一度連絡をしてくれるという約束をしていますので・・・心配ですが、警察官がついていればさすがに行き過ぎた行動を起こすとも思えませんので信じて待つ事にします。どのような結果であれ、報告が届きましたらこちらでご報告させていただきます。

 

連休の中日なので、今日はいつもよりものんびりと過ごすことに決めました。せっかくなので家に残っている女性陣3人で夕飯を用意しようという事になりました。娘も息子のお嫁さんもお料理が大好きなので、一緒に気を紛らわすためにも、気持ちを切り替えるためにも、家族団欒の時間を満喫します。私たちが下を向いたり、暗い気持ちで過ごしたところで現状は何も変わりませんものね。それならば、俯かず上を向いていなければ損です。

私は何かあるとすぐにふさぎ込んでしまう癖がありますので、こうして周囲に大勢の人がいてくれると本当に助かります。今は子供達家族やこのブログを通じて励ましてくださる方々がいらっしゃるので、もう私には1人心細かったあの頃の感情はありません。些細な事すら溜め込んでストレスを感じ苦しんでいたあの孤独な毎日とは違うのです。

 

 

 

娘とお嫁さんが夕飯の買い出しに出てくれたので、私は部屋の片付けをしながらお昼寝中の孫たちとお留守番をしています。はやく全ての事が綺麗に整理されて、ただただ幸せな、こんな毎日を過ごせる日々が訪れてくれれば良いのにと、切に願っています。

 

離婚が完全に成立するまで、ずっと長い間娘の家にお世話になっているわけにはいきませんし、新しい弁護士さんが見つかって、気持ちの整理がついたら遠い地方へ住み込みの仕事をしに移り住む計画を立てています。まだ娘にすら話していませんが、今はありがたくこの厚意を受け入れることを決めていても、長期間居候し続けていれば間違いなく気まずさは強くなっていくでしょうし、お婿さんからしたら私は他人のようなもの。いくら優しい言葉をかけてくれるからと言っても、同じ屋根の下に他人がいつまでもいたら完全に気が休まることもないでしょう。

親としてそこまで子供に迷惑をかけるわけにはいきませんから、今すぐには無理ですがその時がきたらここを離れて誰にも迷惑のかからない土地で仕事と住まいを探します。

 

当初の予定とはかなり計画がずれてしまいましたが、これも全て私が我慢できずに無計画に家を飛び出したせいです。自分自身の責任です。

主人やむつみや義両親とのいざこざに多くの人を巻き込んでしまったことは、強く反省しています。本当は私たち夫婦の問題、私が嫁いだ家の家族の問題なのですから、自分たちで解決するのが当たり前なのですけれど。後悔しても仕方のないことでも、やはり考えれば考えるほど後悔してしまいますね・・・

 

もう少ししたら娘たちが帰ってくるでしょうから、一緒にご馳走を準備して息子とお婿さんの帰りを待ちます。これに懲りて、主人や義家族が少しは大人しくなってくれれば良いのですが。