読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

もしも明日物件が見つからなければ、あのアパートに逆戻りです。資金的な限界で主人のところへ出戻りするという選択肢

3000万円の貯金がある、今後は家にも十分なお金を入れるようにする、パートに出なくても生活できるようにする。そんな言葉は信じても居ませんし、1%もあの家に戻るという選択肢は私の中にないはずなのに、自分の貯金の事を考えたり、明日もし部屋が見つからずにアパートに戻らなければいけなくなったら・・・と考えると、主人の言葉が脳裏を過ります。

 

あの家に居た方が、飛び出さない方が幸せだった?そんな事は絶対に絶対にありえません。ここまでの自分の行動や子供たちの協力をすべて無駄にするような考えは捨てます。いくらお金に困らなかったとしても、食べる物や住まいには困らなかったとしても、普通の人間としては生きていけない場所です。人権を奪われ、家族の一員としては見てもらえないようなところに居て、幸せなはずがないですよね。

 

娘に報告をしました。今日は部屋が見つからなかったと。予想していた以上に厳しい状況だったと弱音を吐いてしまいましたが、明日きっと良い部屋が見つかるよと励ましてもらえて元気が出ました。電話越しに孫の声を聞けてまた明日頑張れると活力が湧きだしてきました。まだ最初の最初、出だしの部分ですからこんなところで弱音を吐いている場合ではないのです。

 

 

 

明日、早い時間に同じ不動産屋さんへ行き、もし進展がなければ他の不動産屋さんにも足を運んでみようと思います。もしかしたら違う物件を取り扱っているかも知れないですし。少しでも可能性のあることは全部してみます。

 

お母さん、今日ね・・・と娘が言いかけて、やっぱり何でもない。帰ってきたら話すね。と言っていた一面がありました。雰囲気から、私に言いにくいことのような気がするので、もしかしたら主人やむつみあたりから連絡が来たのかもしれません。家に押しかけてきた可能性も?それとも息子と話してまた言い合いになったとか・・・

離れた地にいる私に負担をかけないために、心配させないためにああ言ってくれたのでしょうけれど、今のこの状況が毎日あの子にも負担をかけてしまっている事が申し訳なくて・・・早く私自身が自立をするしか解決策はありません。

 

私が今一番望んでいるのは、子供たち夫婦と孫たちの幸せです。その為に、あの子たちに何かを与えてあげられるような、負担にならないような、良きばあばにならなければいけません。

こんな抜け殻のような女では、後世に何も与えられません。充実した毎日を手にするため、私は新天地でこれから人一倍頑張らなければいけないのです。自分に気合いを入れ直して、うつむかず、気持ちを強く持って明日の部屋探しに備えます。

 

 

皆様からの応援や温かいお言葉にもたくさんの元気と勇気をいただいています。今日も就寝前にじっくり拝読させていただきます。有難う御座います。