読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

お母さんなるべく早くそこを出よう、危険な気がするよ。娘から急に連絡が入り、妙に焦っているので理由を聞いてみると

娘が急に焦った様子で連絡をしてきました。そのアパートをすぐに出た方がいいような気がするの。引っ越し先を決めたら私も一緒について行くから、早めに土地も物件も決めて引っ越ししちゃおうよ。最低限の荷物だけ持って身軽な状態で動いた方がいいと思うの。・・・と。

 

なんで急にそんなに焦っているのかと、理由を聞いてみると、今日息子と電話で話したそうなのです。主人や義家族の様子を尋ねようと思って。すると、息子は娘に対して、やっぱり色々考えたけど、一度夫婦で話す機会は必要だと思ってると言いだしたそうなのです。さすがに、むつみや義理の母と一気に会うのは精神的に難しいのかも知れないけど、結婚をしている夫婦であれば必ず話せばわかり合えると思うと・・・

 

父親の弱っている姿を見て、それを気にしての発言なのでしょうけれど、私の今まで経験してきたことを伝えた上で、今の気持ちを包み隠さずに話したつもりでしたが・・・それはすべて息子に伝わっていなかったのかも知れません。

いえ、伝わった上であの子のやさしさから、実の父親の気持ちも汲んで今回の考えに至ったのかも知れません。娘がいくらそんな事をしたらだめだと伝えても、息子は自分が立ちあえば変なことにはならないから絶対に大丈夫と言いきっていたそうです。

 

 

 

今のまま私がこのアパートでのんびりしていれば、いつ息子が強行に出るか分からないと。一度主人に知られてしまえば、そのままむつみや義理の母に私の居場所が知れるのは一瞬でしょう。

あの地獄のような場所へ連れ戻されて、もう二度と自由な生活を手にすることは出来なくなると思います。そんなのは絶対に嫌です。

 

娘の心配は現実のものになってしまうかも知れません。私がもたもたしていれば、ここで応援してくれている方々や協力してくれている娘、応援してくれている息子のお嫁さんのこと、すべての人を裏切ることになります。

あの鬼たちは本当に異常です。人のことを洗脳したり、操ったり、心の奥の部分をぎゅっと掴んで自分の支配下におくことの天才です。・・・息子が完全にあの人たちの味方になってしまったとは思いませんが、今はやはり距離を置かないと身の危険を感じます。

 

娘が急遽今日ここに来てくれることになったので、色々計画を立てたいと思います。孫にも会えるので心に栄養をもらわないと。一緒に植えた野菜をきちんとお世話しているか聞くのも楽しみです。

 

主人やむつみ、義理の母の発言や行動が憎いです。

なんであの人たちはそこまで私の行動に干渉するのでしょう?もう放っておいてくれればいいのに・・・役立たずの嫁と言い続けたような女なんて、いなくなっても困らないはずなのに不思議なものですよね。