読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

私はこの人のことを心から大切に思っている、2人の関係は一生大事にする、私が真摯に向き合えばもっと通じ合える日はきっとくる

古い手帳を何気なくめくっていたら、昔のメモ書きが出てきました。結婚して10年経たないくらいの頃のものでしょうか。もう主人の当たりが相当きつくなっていた頃かと思います。まるで自分に言い聞かせるように、私はこの人のことがとても大切。一生大事にしたいと思っている、今は心のすれ違いがあったとしても、真摯に向き合っていればいつか必ず心が通じ合って、家族のことを大切にしてくれるはずと・・・いくつもの希望が書き連ねてありました。

当時の心境を完全に覚えているわけではありませんけれど、結婚をした当初と比べて明らかに態度に変化が見えてきて、それでも愛して結婚した人なのだから信じたいと、必死になっていた頃のことだと思います。まだ義理の母にも気にいられようと思考錯誤していた時・・・結果的にすべて無駄になり、あの人たちに私の想いが通じることは一度もなかったのですが。

 

今のお嫁さんの心境は、あの頃の私と全く同じではないものの、少し近いところがあるのかもしれないな、と考えていました。息子のことを本当に大切に思ってくれていて、可愛い子供もいて、この関係は崩したくない、大切にしたい、だから私に今できることはなんだろう、外へ出てお金を稼いで少しでも家計の負担を減らそう、そうすれば息子の負担も減って心にもゆとりが出るはずと・・・本当に「自分の大切な家族」を壊したくないと思っている彼女に対して、息子の方は?この別居を通して冷静に自分の立場や守るべきものを見つめ直すことができるのでしょうか。

 

私はこの数年後には精神が崩壊します。

 

 

 

メモを書いている頃から、すでに限界を迎えていたのですね。それでも自分に嘘をついて、大丈夫だと言い聞かせて、鞭をうって毎日無理をしていたら・・・主人や義理の母からの仕打ちによって心も体も破壊されてしまいました。

今のお嫁さんも、悠長にしていると私と同じ状況に陥りかねないということ。優しさに付け込む人間というのは必ずいるのです。そして、あの鬼家族がまさにそれなので・・・息子の考えが変わらなかった場合は、見切りをつけることも大事だと思っています。そんな結果は当然望んでいませんが、ほんの少しの躊躇で私の二の舞になってしまい兼ねませんので、その時は自分と子供の事を最優先に考えてもらいたいと思います。

 

娘は息子とどのような話をしているのでしょう・・・

私の離婚に関する大事なことと話していましたが、今は正直そんなことよりも自分のこと、お嫁さんのことを考えてあげて欲しいです。私はもう弁護士先生にすべてをお願いしたので、今はじっと耐えることしかできないのですから。我慢の先にはきっと幸せな未来が待っていると信じて。

 

旅行で元気を溜めこんだおかげで今日は体調もかなり良いです。娘が戻る前に夕飯の支度をしてしまいます。