読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

無事に帰宅しました。ゆったりとした時間の中で心身ともに静養しました。ただし、唯一心配なのは

先ほど帰宅して、孫が疲れているようだったので一緒に早めのお風呂に入りました。そのまますぐに孫は寝てしまいましたから、よっぽどこの旅行が楽しくて、はしゃいだのでしょう。幼い孫の記憶の片隅に、お邪魔しない程度に私との記憶を留めておいてもらえたら、これほど嬉しいことはありません。私が相当なおばあさんになってしまった頃でしょうけれど、孫が成人を迎えて大人になったときに、幼い頃に私と一緒に作った思い出を少しでも覚えていてくれたらとっても幸せです。

 

娘夫婦は旅行中もたくさんのプランを計画して私を楽しませてくれました。自分たち家族が楽しむべきゴールデンウィークに、私のことを気遣わせてしまって申し訳ない気持ちも勿論ありましたが、ありがたい気持ちがそれを勝っていました。私を元気づけさせるために計画してくれた旅行ですから、あまり遠慮しすぎて萎縮していても申し訳ないですよね。今回は素直な気持ちで娘夫婦の厚意を受け止め、心から楽しむと決めていたので、本当に心ゆくまで満喫させてもらいました。感謝の言葉しかありません。

 

 

 

唯一心配なのは、やはり息子のお嫁さんの事です。あれから連絡はありませんし、これは「何もなく無事だから連絡をしない」と思っているのか、それとも「なにか連絡できないほどのアクシデントが起きている」のか・・・そんな事は考えたくもありませんが、むつみや義理の母と関わっている以上可能性は0%ではないです。あの人たちの異常性は重々承知していますので。

 

決してこちらからは連絡をしないでおこうと思っていますが、この先あまりにも連絡のない状況が続けば心配で我慢できなくなってしまうかも知れません。自分ではそんなつもりはないのです、しかし自分の息子が迷惑をかけてしまったことに対する罪悪感があるのかも知れません。何度も繰り返し息子夫婦のことに首を突っ込むようなことはしないでおこうと自分に言い聞かせているのに・・・私はそう簡単に割り切ることはできません。

 

旅の疲れでこんなに早い時間なのにかなりの眠気が襲ってきます。しかし、いつもの心身ともに疲れ切った眠気ではなく、幸せな眠気なので、今日は良い夢が見れそうです。

今私がお嫁さんのことを考えすぎて、必要以上に心配したり、彼女にお節介を焼くことは正しくないと思っています。きっとそれは、彼女自身も望んでいないこと・・・

 

程よい距離で見守ってあげられるよう、私自身が強くならないといけません。