読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

ただいま戻りました。姑たちが言っていることも、あながち間違っていないのかも知れません・・・

警察での話と手続きに思いのほか時間がかかってしまい、予定よりも大分遅くなってしまいました。今日は弁護士先生との時間も合わず、お会いできませんでした。でも、病院へは行って先生に話を聞いてもらってきました。今の私の状況を見ていただきましたが・・・また酷い状態でした。予想はしていたのですが。

 

今のままストレスが蓄積していけば、いずれまた前の状態になってしまうこともあり得るから気を付けないとダメだよ、と釘を刺されました。気を付けた方がいいと言われても、今の環境で自分なりに気を付けるのにも限界があります。いくら気分転換をしても、あの人たちのことを忘れようとしても、次から次へと身の回りで何かされれば、やっぱり気になってしまうのは当然のことで・・・先生にそのように訴えると、あまりにも酷いようで、自分で管理できなくなるのであれば、一度また入院を検討した方がいいかも知れないと言われました。いますぐの話ではありませんけれど。

 

義理の母やむつみたちが言うように、今の私は本当の精神病患者ですね。入院寸前の精神病患者・・・いまのままではあの人たちの主張そのままになってしまいます。

 

 

 

はあ、と帰ってきてすぐに大きなため息をついていると、娘が心配してくれました。今は考えることが多すぎるし、お母さんじゃなくたって気持ちが参っちゃうくらいの状況なんだから、ゆっくり前向きな方向にシフトしていけばいいと思うよ、私もサポートするから。と言ってくれて気持ちが楽になりました。

 

今日中に連絡がくるかは分かりませんが、息子夫婦の話し合いの結果が気になります。あえて先に別居のことを言わずに、息子の本心を聞いてみると言っていたので、その時点であの子の気持ちが変わっていなければ、結果は決まっています。

引っ越しをする、しない関係なく、もう移動先の目星はついているそうで、早ければ今月内には家を出てまずは少しの間ホテル暮らしをし、部屋の準備が整った時点で入居するという話をしていました。そこまで覚悟を決めているのだから・・・もうきっと、その先のことも視野に入れているのかもしれませんね。悲しい結果になってしまいますが、それはそれで仕方ないと思っています。

 

お嫁さんと孫の事がとにかく心配です。ここまできて、負担が全くかからないというのは無理ですが、ほんの少しでも幸せな結末を迎えられるよう祈っています。