読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

今日は朝から娘家族と一緒に両親のお墓参りに行ってきました。帰り途中に入ったお店で

娘の方から御墓参りに行こうと誘ってくれて、家族皆で行ってきました。せっかくのお休みに家族3人で出掛けなくてもいいの?と聞いたのですが、お婿さんも孫も私と一緒に出掛けたいと気を使ってくれて・・・今日はお言葉に甘えることにしました。

お墓のピカピカにして、お花とお線香の準備をして、両親の大好きだったお菓子やお酒を置いて手を合わせると、不思議なくらい心がホッとして和やかな気分になりました。いつでも天国から私の事を見守ってくれている2人が、この先もきっと守ってくれると信じて、勇気を持って歩んでいきます。あの家族にはもちろんですが、自分自身にも負けないように。

 

帰りに立ち寄ったお店で、お婿さんがたまには元気が出るようにと、とっても美味しい鰻重をご馳走してくれました。こんなに気をつかってもらって・・・ますます弱っている場合ではないと痛感しました。

 

 

 

栄養満点のうなぎをいただいて、娘夫婦の優しさに触れ、孫からたくさんの心の栄養をもらえましたので、明日からまた気持ちをしっかり持って前へ進めそうです。

弁護士先生からは、次に連絡がくるまでは私の方で特にしておく事はないと言われたので、今は余計な行動をしないように、先生を信じて待ちます。

 

その間に主人やむつみや義理の母が何か良からぬ事を考えてくるかも知れませんが、法律で押さえつけられている以上は下手なことはできないでしょうし、再三にわたって何かあれば警察沙汰になると、娘や息子やお婿さんに忠告されているのですから、その点は理解をしているはずです。

まだ起きていない事を考えて警戒するのは当然大切な事ですけれど、心配しすぎて自分の思考や行動の自由を奪ってしまえば逆に危険な状態になってしまうような気がしています。私の場合は特に。

 

今直面している問題は山積みですが、娘に言われたように適度に肩の力を抜いてみます。視界が広がれば、今まで自分には見えていなかったものが見えてくるような気がしています。