読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

主人からのメッセージは私だけに送られていたものでは無かったようです。揉め事が大好きなあの人

これからお昼ご飯を食べて、娘のお見舞いに行ってきます。今日は孫のリクエストでおうどんを作りました。鶏肉と白菜を煮て、とろろ昆布を乗せたうどんは娘の大好物。普通のめんつゆなどではなく、鶏ガラでお汁を作るのがポイントです。

しっかり体を温めて、お腹いっぱいになったところで、孫と一緒に娘に元気を届けに行ってきます。

 

朝主人から送られてきたメッセージは、全く同じものではないでしょうけれど、あの「離婚」という言葉が含まれたメッセージは、同時に息子やむつみにも送られていたみたいです。もしかしたら娘のところにも届いているのかも知れません。

 

早速息子からは、離婚を考えたい気持ちはわかるけど一度落ち着いて、せっかく家族同士なんだから話し合わないといけない、大ごとにする前に自分が間に入って話す時間が欲しいと連絡がきました。

それから、おばさんもばあちゃんも、やっぱり反省してるしどうしても母さんと一度話しをしないと先に進めないと言ってると・・・あの人たちの肩を持つつもりなんてないのでしょうけれど、そうとも取れる発言をしていました。

 

 

 

私と主人の夫婦の問題であっても、人の揉め事やトラブルに首を突っ込むのが大好きなむつみのことですから、自分は2回も離婚をしているんだから私の意見を聞くべきだなどと言いながら話に加わってくるのは目に見えています。

面倒なことになって、その事を考えただけで多くのストレスを感じてしまいそうなので・・・今は離婚の話よりも引っ越しを優先して、収入源を確保して、自分の生活と身の安全を確保することを優先したいのです。

 

しかし、主人からあのような連絡が届いたということは、そろそろ痺れを切らしている頃なのでしょう、不自由な毎日にも嫌気がさしているのかも知れません。私がこのままいなくなれば、今後一生その生活を続けなければいけないと自覚しはじめているからこそ、離婚という現実と向き合い始めたような気がします。

 

今更・・・本当に今更です。何もかも手遅れだということに気付いていないのか・・・もう息子に何を吹き込んでも、どんなメッセージを送ってきても、無駄なのに。私の心が揺れ動くことはもうありませんので。

 

 

温かいおうどんを食べて、温かい格好をして出かけてきます。

あの人たちの事を考えたり、あの人たちの話をしているとどうしても暗い気持ちに心を占領されてしまいます。せっかく孫とのんびり過ごせるのですから、今を満喫しないと勿体ないですね、今のうちにたっぷり心に栄養を補充しておかなくては。