今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

主人が私を大声で怒鳴りつけて、髪の毛を掴んで引きずりまわし、雷雨の中外へ連れ出されたあの日

私の心は死んでしまった。

 

ついこの前までそう思っていました。どん底を経験して、苦しみもがいて限界を超え、自分が自分でなくなってしまった日から、私の中には以前のような感情は無くなってしまったように感じていました。

それが、娘家族の家にこうしてまた招き入れてもらい、共に過ごさせてもらっている内に少しづつですが元の状態に・・・とまではいかないものの、人としてのまともな考えが出来るようになってきているのを感じています。

 

先生もおっしゃいました。今は心のリハビリが必要なんだと。焦って近道をしようとしても、私が器用に色々なことをこなせるわけがないのだから。それは今までの事で重々自覚していますので、また勝手な行動をして周囲の人たちを困らせてしまわないように、毎日少しづつでもリハビリを繰り返していくつもりです。

一度は人としての感情や感覚を失い、自分の人生にかかわる全てを放棄しようとまで考えた私が、今こうして当たり前のように娘夫婦の優しさや温かさに触れるのなんておこがましいと分かっていますが、自分を責めることを一度忘れるのも大切と教えていただきましたので、出来る限り心を落ち着けて平穏な状態で過ごしていきたいです。

 

直接の会話は無いとしても、もうすぐ主人を目にするときがくる。すぐ傍にあの人を感じなければいけない瞬間があると思うと、どうしても心は穏やかではなくなります。意識しないようにと考えていても、苦痛の日々が私の心と体に残した傷がこの短期間で癒えるはずもなく・・・

 

 

 

主人と直接何かを話すわけでもなければ、弁護士先生が準備してくれた通りに私は行動するだけなので、そこまで思い詰める必要はないのかもしれません。しかし、ここ数日は就寝の直前までその事を考えているせいで、夢の中であの頃の記憶が呼び覚まされるのです。ついこの間までは仕事と人間関係にいっぱいいっぱいになってしまい、ろくに夢を見ることすらなかったので、少しは人間味が出てきたと言えばそうなのかもしれませんが・・・

 

仕事から帰ってくると私に当たり散らす我が家の王様は、日常の中の全てのストレスやうっぷんの捌け口として私の事を扱ってきました。

何か気にいらないことがあれば、それこそ夕飯の内容が自分の気分と違うものとなれば、雷雨の日に庭に連れだして、自分も泥だらけになりながら私に暴力を振るいました。泣いて謝ろうと、沈黙を貫こうと、彼の気が済むまでその行為が止むことはなく、その直後でも家の中の仕事がしていなければ繰り返し私を罵倒する・・・その繰り返しでした。まさに地獄で過ごしていたと今振り返っても思いますが、あの雨の日に庭に落ちていた木の枝で深くえぐってしまった手のひらの傷は、今でも寒い季節になるとズキズキと痛みます。

 

過去との完全な決別は簡単なものではないと分かっていますが、離婚を成立させることが私の人生の大きな節目となるのは間違いありません。だからこそ、今の私の全力で、最高の状態でのぞまなければいけません。まだまだへこたれているわけにはいかない。気持ちを強く持って、自分の人生を取り戻すつもりで行動するつもりです。

退院して、仕事を辞めて、結局娘のところへ戻りました。来週主人と会います。離婚を成立させる為とは言え、

まだ全快とは言えませんが、一時期よりは落ち着くことができました。冷静になれた、と言うのとは少し違っていて、何と表現すれば良いのかは分かりませんけれど・・・何もかも嫌になって、それから言葉にならない疲労感や虚無感が襲ってきて、心の中も頭の中も真っ白になってしまい・・・あの職場にいた後半の頃の出来事と、入院しているときの記憶がほとんどありません。ぼんやりとは覚えているのですが、自分が自分ではなかったような感覚です。

先生からは、少し落ち着いたように感じるかもしれないけれど、精神的に受けたダメージは相当なものだから決して無理をしてはいけない、日常生活の中のふとした瞬間にまた一気に危ない状況になり得るから今は1人で暮らすのは危険すぎると言われ、結局娘夫婦に相談する事になりました。

 

娘夫婦は私の事を快く受け入れてくれ、孫も私と暮らすことを喜んではくれたのですが、正直複雑です。あれだけの事を言って自分の意思を通して住み込みの仕事をはじめたのにも関わらず、こんなに早く仕事を辞めて身も心もボロボロになって帰ってきたのですから。普通であれば呆れられて当然です。何もできない不器用な母親と思われても仕方ないのに。涙を流しながら私の事を抱きしめてくれた娘には感謝の気持ちを通り越して申し訳ないという思いでいっぱいです。

 

 

 

もうこんな人生どうでもいい。私なんてこの世の中から消えても誰も困らない。

そう強く思った事もありました。こんなに苦しみながら生きているのなら、まさに生き地獄。毎日苦しむためだけに過ごしているなんて無駄な人生だと自暴自棄になり、とにかく楽になりたい。楽になるためなら何もかも失ってかまわないと・・・人としていけない方向に思考を巡らせてしまった事さえありました。

 

しかしそんな時でも、気力を振り絞ってこのブログに思いを綴れば、私の小さな声に気づいて耳を傾けてくださる方がいる、応援してくださる方がいる、そう思うと本当に勇気付けられました。いつも気にかけてくださり、本当にありがとうございます。

ここへ訪れてくださっている全ての方に感謝しております。

 

急な話ですが、以前から最優先事項と言っておきながら、先延ばしになってしまっていた離婚について。これから真剣に進めていく事になります。主人とは正式に赤の他人になり、あの家族たちともお別れです。息子夫婦や孫との今後の関係のことだけが気がかりではありますが・・・その事は娘夫婦にも今後相談をしながら最良の形を見つけていければと考えています。

 

来週主人と会います。もしかしたら義理の母やむつみと会う事になるかもしれない。そう考えると当然気が重いのですが、前へ進むためには必要なこと。弁護士先生は私があんな状況の間もたくさんの準備をしてくださいました。娘はいつでも傍にいるからと言ってくれました。ここには書けていませんが、お婿さんもその後仕事面でたくさんの苦労をしました。その原因はあの人たちであり、私でもあります・・・

 

今後の私の人生がどうなっていくかは分かりません。誰にも迷惑をかけないようにと、自立した途端に逆に迷惑をかけてしまうような駄目な女ですから、正直自分自身に自信がありません。それでもこうして、必死にあのどん底からここまで引き戻してくれた方々のために頑張らなくてはいけません。

 

今はとにかくほんの少しづつでも前へ進みます。

言葉に出してしまえば、自分の感情をコントロールできないと分かっていたのに、先生に伝えてしまいました。もう私はこの人生を

弱い人間でごめんなさい。闇雲に進んだ結果が今の私の置かれている状況なのだと、自覚はしているつもりです。自分自身では何もしていないつもりでも、周囲の方々をいらつかせてしまうのは、私の思考・言動・行動のすべてがその原因になっていることも分かっています。この歳になって未熟者な私は、器用に生きていくことができません。どうしてなのか考えても考えても自分では答えが見つからず、見失ってしまうことがしばしばありますが・・・どうしても人と同じように物事をうまくこなすことができないのです。

それでも、こんな私でも気にかけてくださる方がいる、応援してくださる方がいると思えると、辛い中でも苦しい中でもブログに思いをつづることができました。自分ひとりではとっくにつぶれてしまっていた状況でも、大勢の方が私のことを支えてくださいました。文字に書き起こしても薄っぺらくなってしまうでしょうけれど、言葉にできないくらいの感謝をしています。ここで私にお言葉をくださる皆様に、本当に心から感謝しています。ありがとうございます。

 

ここのところ、暗く深い闇の中でもがいています。出口があるとは到底思えない闇の中で・・・何をしたら良いのか、どこへ進めば良いのか、何も分からず見当たらず思いつかずに過ごしている時間が辛く苦しく。頭の中には何度もいけない感情が湧いてきました。決して飲みこまれてはいけない感情です。言葉に出せば一気に私自身でもコントロールできなくなる感情・・・

娘夫婦のこと、孫のこと、離婚を成立させた後の新たな人生のこと。私の中にはまだまだたくさんの希望があるにも関わらず、何も見えなくなってしまいます。真っ暗闇の中では、あんなにまぶしいほどに輝く魅力的な孫の笑顔でさえも見えなくなってしまうのです。情けないです。人生の折り返しを迎えた人間が抱いてはいけない感情です。

 

 

 

私はついに先生に伝えてしまいました。もう楽になりたい。私がいまここにこうして存在している意味を感じることができないと。実際はもっともっと酷い言葉だったと思います。断片的にしか覚えていませんが、私の口から出て止めることが出来なくなってしまったその暗闇の断片は私のことを物凄い勢いで飲みこんでいきました。

 

そんな私に、自分で制御できなくなってしまった私の心に、先生は優しくそして厳しく何度も言葉を投げかけてくださいました。時間をかけてゆっくりと私の心に呼びかけてくださいました。

正直まだまだ怖いです。自分が怖いのです。どんな感情がふとした時に生まれ、肥大して私を飲みこんでしまうか想像もつきませんし、その時自分がどのような行動をとってしまうか想像しただけで恐ろしくなります。しかし、恐ろしく感じられている内はまだ良いのでしょう。本当に心が死んでしまえば、私はもう大切な家族に会えなくなってしまいます。

 

自我を保たなければいけない。私は本当に回復できるのでしょうか。悲しみ?不安?恐怖・・・表現できない感情の中にいます。

眠れない日が続き、ついに倒れて入院しました。栄養補給をしても体調が回復しないのは完全にうつの症状だと

長い間ご報告が出来ず申し訳ありません。それでもこの日記へ訪問してくださる皆様、応援やお叱りの言葉を投げかけてくださる全ての方々への感謝の気持ちを忘れたことはありません。あれから色々なことがあり、私はついに心も体も壊してしまいました。悲しいだとか、悔しいとか、そういった感情よりも先に、ただただ情けない気持ちでいっぱいです。意気揚々という言い回しが正しいかどうかはわかりませんが、私は希望を胸に娘たちのところを飛び出しました。自立をするために、新しい人生を自分自身の手で切り開くために、決死の思いで外の世界へ羽ばたいたのにも関わらず、その翼は自分で思っていたよりもずっとずっと脆く・・・すぐにへし折られてしまいました。

 

自分が蒔いた種であり、誰かを責めるのはお門違いだと分かっています。こうなる事を想像していなかった・・・いえ、正確に言えば考えないようにしていた自分の見通しの甘さもいけなかったのでしょう。あの地獄のような結婚生活を送っていた頃と同じような症状になってしまい、病院へ入りましたが、またあの時とは違った絶望感と言うか、言葉にならない感情が私の中で渦巻いています。

限界まで耐えました。必死でした。どんなに辛いことがあっても、あの頃の地獄のような毎日に比べれば何てことない、今はどんなに苦しくても耐え抜いて明るい未来へつなげよう、これは自分が成長するために課せられた試練なんだ。そんな風に毎日考え、まるで「強くなったかのように」思いこみ、装っている内に体を壊してしまいました。

 

私は私でしかなかったのですね。弱いはるこのまま。むつみや義理の母にいじめの標的にされていた時と同じように、同じ空間にいるだけで職場の皆さんのことを苛立たせてしまっていたのかも知れません。

 

 

 

今はもう薬を飲まないと落ち着いても居られない状態です。自分で自分の精神状態がどれほど危険なのか、どんな行動をとってしまう可能性があるのか、把握しきれていないのです。怖いです、不安です、それでも今は娘夫婦や孫とは会えません。先生に止められてしまい、孤立した生活をおくるしかないのです。

お世話になっていた職場でも、もうこんな私の事をまた拾ってくれることはないでしょう。私のことを標的にしていた人たちは笑っているかも知れませんね。そしてあまり長い時間が経たない内に、こんな役立たずのことは記憶の片隅にも残さず忘れ去ってしまうでしょう。

 

これからどんな気持ちで生きていけば良いのか、何をすれば良いのか、どうしていくのが正解なのか、今は何も分かりません。自分自身のことなのに、1時間先のことがわかりません。恐ろしいです。心底恐怖を感じます。離婚のことだって考えなくてはいけないのに・・・絶望的です。

休暇を貰い、あの人たちの目を盗んで書きこんでいます。このブログの事を知られるわけにはいかない

結局私はあの場所に戻りました。あの人たちの中で自分に与えられた仕事をこなす事を決めたのです。どんなに辛くても弱音を吐かず、決して逃げ出さず、自分で決めた道から逸れずに歩んでいけば、そこには明るい未来が待っているに違いない。今まで見てきた地獄を思えば耐えられない事などない。私はすぐに慣れるし、あの人たちはすぐに飽きるに決まっている。色々なことを自分自身に言い聞かせて頑張ってみたつもりです。しかし、現実はそんなに甘いものではありませんでした。現在あの人たちの私に対する対応や監視の目は、今までよりもずっと厳しくなっています。自由を求めてたどり着いた見知らぬ土地で、私はまた翼をもぎ取られて自由を失ってしまいました。

 

娘にこの事は話していません。余計な心配をかけたくありません。

離婚のことにも集中したいのに、せっかく弁護士先生から連絡をいただいてもきちんと話が頭に入ってきません。真っ直ぐ歩いていたつもりなのに、1番大切なものを完全に見失って、私はまた真っ暗闇の中に迷いこんでしまったみたいなのです。

 

ようやく休みをいただけました。本当はここに書きたい・・・色々なことを今すぐに吐きだして少し楽になれたらと思っています。ここに吐きだすことが私の唯一の発散になるので、読んでくださっている方、応援してくださる方がいらっしゃると思うと、頑張れるのですが・・・あの人たちに私のこのブログのことだけは見つかりたくないのです。

ツイッターなどはやっていないのか、フェイスブックは使っていないのかと執拗に聞かれました。何もしていないならそのパソコンは何だ、中身を見せろ、パスワードを解除して見せろと脅迫されても私はそれだけには応じませんでした。きっと私が何かを隠している事に気付いています。そしてその証拠をつかむために必死になって私のことを監視しています。女性だけの職場なら気が休まると思っていたのは大きな間違いでした。私の考えは明らかに甘すぎました。

 

 

 

遠く離れた場所まで移動しています。2日間の休暇はあっという間に終わってしまいますが、働いたお金が少し手元にあるので、何か買って娘の家に送りたいと思っています。無駄遣いも贅沢もできないような、まだまだ雀の涙ほどの資金ですけれど、私が必死に働いた時間がこうしてお金として手元に届くと嬉しいものですね。

 

負けられません。ここに書きこんだら少し元気が出ました。

毒を持って毒を制すという言葉もありますが、私はやはり復讐や報復までは考えていません。人の命さえ軽視する

また私の悪い癖が出てしまっています。反省したつもりでもそう簡単に人が変わるというのは難しいものなのですね。私はちっとも変わっていない・・・心機一転全てを捨ててこの身ひとつで知らない土地にきて、必死になって働いている「つもり」になっていただけでした。私は何もかわっていない。ただ自分が苦しくてあの土地から離れるために移動をしただけなのかも知れない、現実逃避したいという気持ちがどこかにあったのかも知れない、自分でも気付いていないだけで、これ以上あの人たちの傍で苦しむのが嫌になってただ単に逃げ出しただけなのかも知れないと、そう思うと自分で自分のことが嫌になります。情けない・・・というよりは、酷い女です。娘たち夫婦があそこまでしてくれて、私のことを考えてくれているのに、最終的には自分勝手な判断と行動をして、その結果がこれ。どうしようもないですよね。

 

あと数時間もすれば、私は決断を迫られます。ここに残って仕事を続けるのか、それとも元の場所に逃げ帰るのか。離婚問題も片付いていませんし、今後の人生で誰にも迷惑をかけないようにするため、お金を貯めて自立するためにここでお世話になっているのに、今まで通りの弱い考えで良いのだろうか、甘えた考えのままで良いのだろうかと自問自答を繰り返しています。いえ、良いはずはありません。しかし今の私の精神状態で正常に仕事ができるのかどうか、それが不安です。そしてみよさんをはじめ、私を良く思わない人たちに再度溶け込むことができるのか、共に生活できるのかが1番不安なのです。

 

彼女たちは言います。私たちは自分たちを苦しめてきた人間を殺したいほど憎いと思っている。人の事を人と思わないような奴らは誰かに呪い殺されようが、突然後ろから刺殺されようが、文句なんて言えないのだと。

 

 

 

私の中にも憎悪はあります。あの人たちにつけられた心の傷が消えることはありません。ですが、復讐をしたり制裁を加えるというところまではやはりどうしても考えられません。縁が切れて関わりを持たない状態になれればそれで良いのです。

たしかにみよさんの前ではたくさんの愚痴を吐いてしまいました。しかし、その怒りや憎しみを共有してもらいたいと思ったわけではなく、ただ単に聞いてもらいたかっただけ・・・その考え方が自分勝手なのでしょうね。聞いてあげるからなんでも話してごらんなさいと言われ、その言葉の通りにべらべらと話し過ぎた自分に原因があるのは重々承知しています。

 

私たちがその憎いむつみに話をつけてあげる。二度と近づかないようにするのなんて簡単よ。警察なんて怖くない?そんな大口叩いていられるのも最初だけ。

 

そんな風に言われて、最初は冗談で言っていると思っていた私は、すごいだとか、気持ちが強いですねだとか、彼女の気分をさらに乗せてしまうようなことを言ってしまいました。今思えば、考えに同調しておいて何を今さら怖気づいているのかと怒ってしまったのかも知れませんね・・・

 

私はここに残りたいです。やはり仕事をつづけたい。今のまま逃げ帰るわけにはいかないのです。だから彼女たちにはきちんと謝って理解してもらいたいと思います。気持ちが簡単に伝わるとは思えませんけれど、分かってもらえるまで話せば理解してもらえるはずです。たとえそれで私が嫌われてしまったとしても、孤立したとしても、ぐっと歯を食いしばって耐えてみせます。

お金を貯めてここを出て一人で暮らせるようになるまでの辛抱と思えば。あの長い長い地獄のような結婚生活と比べればずっと楽なのかも知れません。

私が鬼退治をしてあげるから任せなさいよ。そう言うと私の携帯電話を取り上げ、勝手に電話帳を調べ始め

確かにぼやきました。愚痴を言ってしまいました。何でも親身になって聞いてもらえるのがうれしくて。共感してもらえるのが心地よくて。知り合ったばかりの他人に話すべきではないような事までペラペラと話してしまいました。「私がはけ口になってあげるから」「ここには似たような経験をして逃げてきた人がたくさんいるんだからもう心配しなくても大丈夫」そう言われて、温かい言葉に包まれて安心しきってしまった私が甘かったのです。

最終的な目的は何か分かりません。私の事をただただ甚振って、虐めて楽しんでいるだけなのか。本当に私の過去の話に共感してくれて、あの人たちへの復讐を手伝うと言っているのか・・・今は彼女たちの考えが分かりませんけれど、とにかく対峙するのが恐ろしく、無理を言って数日間の休暇と住まいの移動を認めていただきました。

 

しかしこんな事はいつまでも続けられません。当然ですが、期日は明日までです。明日までで気持ちの整理をして、あの相部屋に戻るのか、それともまたここからも逃げ出すのか。自分の弱さが嫌になりますが、強い決心をして娘のところを飛び出し、反対されても押し切ってここまできたので・・・簡単に逃げ帰ることはできません。今では娘夫婦も応援してくれていますが、さすがにこんな短期間で大の大人が虐めを理由に逃げ帰るなんて誰が聞いても情けない話ですから。

 

 

 

一度みよさんが、私の話を聞いているときに急に私の携帯電話を取り上げたことがありました。最初は冗談なのかと思っていましたが、どうやら本気でむつみに電話をかけて何かを言いそうな勢いで驚きました。着信拒否はしていましたが、むつみの携帯番号は今も私の電話帳に入っていますし、仕事に没頭していて忘れかけていたあの人の表情、声、私をいびる態度が脳裏によみがえると、一瞬にして気分が悪くなりました。

そういう人たちには思い知らせてやらないとダメ。一生苦しめられていいの?離婚が成立すれば今度はかわいい弟と離婚をして苦しめたとかなんとか言っていちゃもんをつけてくるんだから。それが分かり切ってるのに先制攻撃をしかけないなんて馬鹿げてる。

 

そう言われてもその言葉はまったく私の頭には入ってきませんでした。携帯電話を奪い返すのに必死で、かなり強い力でみよさんの事をつかんでしまいました。自分の問題なので自分でどうにかしますと・・・むつみに私の電話から赤の他人が連絡をすることで、逆上したあの人が何をするか分からなかったのです。あの土地に残してきた娘夫婦のことを考えると心配で心配で。

その時の私の態度が気にいらなかったのでしょうね。私の厚意を無下にしたとみよさんの事を怒らせてしまったのは私なのです。最初からあんな話を事細かにしなければ良かったものを・・・

 

優しい言葉に甘えて後先考えずにすべてを話してしまったあの時の行動を、今では心から後悔しています。