今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

息子夫婦の中では私の方が「悪」になってしまったようです。まるで今日の空模様のようにどんよりとした

朝から沈んだ気持ちのまま過ごしていました。気持ちを落ち着けたくてパソコンを開きましたが、ここには弟からのメッセージが届いていると思うと憂鬱です。見なければ良いだけの話なのですけれど。

娘を昨日お世話になっている先生のところへ連れて行きましたが、やはり予想していた通りあまり良くない状態のようです・・・私とはまた違った精神状態で、心のリハビリをしていかないと私生活に支障をきたす状態になってしまう可能性は十分にあるというような事を言われました。ましてや幼い子の子育てをしている時にはあらゆるリスクを伴うと。私が傍にいながら・・・というよりは、私が傍にいたせいで娘の事を巻き込んでしまい、こんな事になってしまったので、責任は私にあります。

出来る事はなんでもして償っていきたいと思います。お婿さんにも孫にも笑顔を失って欲しくはありませんから。

 

お嫁さんは先日私と会った際に言いました。付け加えるように言ったのです。

 

○○さん(息子)も、私も、早くこの離婚騒動が落ち着いてくれればいいと願ってます。誰がどうすれば1番早く解決するのか、家族みんなで多数決をとれば明確になりませんか?

みんなが幸せであって欲しいと、いつもおかあさんはおっしゃってました。だから私たち家族の幸せも考えて行動してくださると信じています。おかあさんなら、きっとそうしてくれますよね。

 

 

 

同席していたお婿さんは、一部始終を録音してくれていました。あとから聞き返してみればみるほど、最後のこの言葉は「私のことを責めている」ようにしか聞こえないのです。面倒臭いから早く終わらせて欲しい、これ以上面倒事に巻き込まないで欲しいと・・・このようなメッセージが含まれているように思えて仕方ないのです。

 

ほんの数か月前には息子夫婦と仲良くしていました。本当に大切な存在と思っていました。今でも私の中では大切な家族ですが・・・あの子たちにとって私は逆に悪の存在になってしまったのかも知れません。

悔しいですし、悲しいですが、本人たちが自分の意思で選択をしたことであれば受け入れる他ありません。原因はあの鬼たち・・・の存在も勿論ですが、私にもあるのだと感じています。

 

 

娘は、もう他の人の事は信用しちゃダメ、振り回されてはダメ、悲しいけれど現実を受け止めて私たちと一緒に生きていけばいいじゃない。と言ってくれました。

今はその言葉に甘え、そして1番傍で娘の事を支えなければいけないのだと強く感じています。

弟が娘のマンションに訪れるという強行手段に出ました。帰国前に意地でも私と会うべく

間も無く調停です。弁護士先生にも今日お会いしてきました。ここのところ話せていなかった事を話し、様々なアドバイスをいただきました。そして、信じて前へ進めば大丈夫だからと励ましのお言葉をくださいました。辛い事があった時でも、悪意のある人たちにちょっかいを出されたとしても、最後に笑うのは正義を貫き通した人。私はそう信じて前進します。

調停の準備は整いました。そして、早く離婚裁判へ進みたいという希望も伝えてきました。心の準備も完璧・・・とは言えないながらも整ったつもりです。前回のように、大きなダメージを負ってしまう事はないと思いたいです。あの人たちの言い分は、本当に常軌を逸したものです。普通の人の頭では考えつきもしないような発言を平気でしてきます。そんな言葉に付き合っていたら、この身がいくつあっても足りる気がしません。

 

 

 

今日、帰国を前に黙って弟が娘のマンションに訪れました。私が何を言っても動かないから強行手段に出たのです。私がいくら会いたいと伝えても聞き入れる気はなく、自分の考えを押し通すところを見ていると、主人と気が合うのが理解できます。

 

娘の家を弟が訪ねてきました・・・が、私も娘も孫も家にはいませんでした。弟が訪ねてくるであろうと予測をして、機転を利かせて早い時間から私たちの事を外へ逃していてくれたお婿さんが対応してくれました。そして、今回はかなりきつめに、親族としてではなく警察官として忠告をしてくれたそうです。

それだけで納得をして完全に引き下がるような人間では絶対にないでしょうけれど、弟はそのまま帰国していきました。結局今回も私とは顔を合わせることなく。

 

主人やむつみ、義理の母と弟がどのような会話をしたのかはわかりませんけれど、弟はきっと「姉に離婚をとりやめるよう必ず話をつけるから任せて欲しい」とでも言っているでしょう。彼はそういう人間です。自分の発言や行動に絶対的な自信を持っています。それが今の仕事の成功にも繋がっているのだとは思いますが、かつての離婚の原因でもあります。唯一の血の繋がった弟ですから本当はもっと関係を大切にしたいと思っているのですが・・・

 

今日は娘を病院へ連れて行きました。そして、娘から本音でこう言われてしまいました。

 

「私はもう○○ちゃん(息子のお嫁さん)の事を信用できない」

 

私もお婿さんも全てを話してはいないのに、娘は感じ取っているみたいです・・・先日彼女に会った際、私は最後に言われた言葉を忘れられません。未だに気が重いのですが、吐き出すという意味でもここへすべて書きます。

弟は明日オーストラリアへ帰る予定のようですが、お嫁さんから話を聞いたのでしょうね。最後に私と会うため

明日必ず時間を割くようにとメールが届いていました。その上、お婿さんのところにも電話がかかってきたようで、話したいこともあるから必ず応じるようにと言われたようです。主人も弟もあまりにもしつこくそんな事を言えば、恐喝罪に近くなるのではないかと思うのですが・・・全ての連絡の記録は残してありますし、あちらに不利なことしかないはずなのに、一体何を考えているのかわかりません。

 

明日会うつもりは当然ありません。彼らがどんな主張をしてきても無視をしていれば良いのですから・・・

 

 

お嫁さんの話の続きを書きたいのですが、あの時の事を思い出すと辛い気持ちになってきてしまって。遅くなり申し訳ありません。

彼女は、私の前へきてすぐに涙を流しました。おかあさんに会いたかった、本当に心から心配していたのだと。私が内緒で娘のお婿さんについてきた事を怒ることもなく、戸惑うこともなく。私の手をとって涙を流してくれました。

 

しかし・・・その後の話で、彼女は離婚をする事に反対はしませんけど、おとうさんの話も聞いてあげて欲しいと言いだしました。義理の母も私と会って話したいと言っていると。そこに悪意はなく、本当に家族として会って話がしたいようだと言うのです。

そんな事はない、むつみも義理の母も私のことを家族だなんて少しも思っていないと言いましたが、それはおかあさんの思い込みなのかもしれないと言われてしまいました。

 

 

 

私の味方なのか、それともあちら側の味方なのかわからない彼女の態度に戸惑ってしまい、言いたかったことや聞きたかったことの半分も言いだせませんでした。結果、私の中にはもやもやが多く残ることになってしまいました・・・

 

自分の気持ちにまかせて、衝動的に行動をしたのに最終的には萎縮してしまい情けないです。今はどこに住んでいるのか、次はいつ会えるか、レシピ帳も渡したいし近いうちにもう一度会って欲しいと、逆にお嫁さんから色々と言われてしまいました。

心なしか、私が仲良くしていた彼女とは雰囲気が変わったような?人はそんなに短期間で変わるものなのでしょうか。考えているうちにどの彼女が本当の彼女なのかわからなくなってきてしまいました。

 

最後にお嫁さんは言いました。

むつみさんはいつでもおかあさんに会えると言っています。次に会ったときには必ず連れ戻す自信があるとまで言ってます。危険な目にあうまえに、ご自分から会いにきてしまった方が良いのではないでしょうか?冷静になってください、おかあさん。と。

 

私がどんなにあの人たちと会いたくないのか、今まで全てを伝えてきたはずですが、彼女は私の気持ちをすっかり忘れてしまったのでしょうか・・・

発端はタイミング悪く連絡をしてきた息子のお嫁さんの一言でした。警察上層部にお婿さんの事を報告し

ここのところ連日塞ぎ込んでしまっている上、食事にもほとんど手をつけていないので、娘が体調を崩してしまいました。今日は1日看病をしながら孫と過ごしていましたけれど、孫も幼い子供ながらに「色々な大変な事が起きていること」に気付いているようで、とても心配そうにしていました。

ママとばあばは最近たくさん悲しいことがあるの?と、聞いてきた孫の表情はいつになく不安そうでした。普段なるべく見せないようにしていても、どうしても大人が涙を流す姿を見せています・・・そんな環境にいればさすがに異変を感じてしまいますよね、本当に申し訳ないと思いますし、情けないです。幼い子供を不安にさせている原因は私なんだと考えると胸が締め付けられます。

 

娘には全ての事実をありのままに伝える事はできません。少なくとも今の時点では無理です。もう少し落ち着いてから少しづつ話そうと思います。

 

 

 

昨日は中途半端なところで途切れてしまいましたので、お婿さんと一緒に息子のお嫁さんに会いに行った話の続きを書かせていただきます。

 

発端はタイミング悪くお婿さんのところに届いたメールでした。

「どうしてももう一度会いたいです。会って話がしたいです。おとうさんが今どんな事を考えているか、これからどうしたいと思っているのか、そして今何を企んでいるのか教えられます。だから時間を作ってください。お義兄さんのためを思って連絡してます。」

 

お嫁さんは、なにがなんでも娘のお婿さんと会いたいようだったのですが、ちょうどその連絡がきたときに私はお婿さんの傍にいました。娘が弱っている時にこんな風に連絡をしてきたこと、主人や弟がお婿さんに対してしていることに心底イライラしていた事もあり、衝動的にすぐに彼女に会いにいきましょう、このまま好き勝手させてしまっていては状況は今よりもさらに悪化するから・・・と、お婿さんの事を嗾けてしまったのです。冷静さを失って行動を起こした事を今では反省していますが。

 

お婿さんに連絡をしてもらい、私が行く事は伏せたまま2人で待ち合わせ場所に向かいました。様々な感情が入り混じっていましたが、興奮して冷静さを欠いていたせいもあり、移動中にどんな事を考えていたのか彼女と会って何を話そうとしていたのかは、あまり覚えていません。ただただ、自分の中に溜まった思いをはっきりさせたいと考えていたと思います。

 

待ち合わせ場所のファミレスに到着しても尚、私は冷静にはなれませんでした。そして不思議と緊張もしていませんでした。とにかく今はもう私たちに関わらないで欲しいと、お嫁さんには悪いけれどきちんと伝えようという思いのみが私の中にあったのです。彼女がたとえどのような事を考えていたとしても。

息子のお嫁さんと会いました。いま余計な行動をしてはいけないと分かっていながら

娘のお婿さんが主人やむつみや私の弟から変に目をつけられてしまっていること、相手の弁護士すらも介入して無理矢理に事態を大ごとにしようとしているあの人たちのやり方を見ていて、一度は落ち着きを取り戻した娘が気を病んでしまっています。不安定な状態が続いています。

お婿さんは立派な警察官ですから、何をされようとも大して気にしてはいません。しかし、娘の状態を見ていたり、あの人たちの今後の動向を考えると少なからず不安は感じるに違いありません。両親に元気がなければ当然孫も傷つき悲しみます。

 

弁護士先生に電話をして色々な事を相談しました。私が今取るべき行動や考えなくてはいけないことについても多くの助言をいただきました。次の調停を目前に控えている状態ですから、気持ちを集中させなくてはいけません。

 

 

 

いま私が何かをしたところで、1人の力では本当に微々たる変化しか起こせないのかも知れませんが、それでも私はどうしてもじっとしていられなくて、昨日息子のお嫁さんと会ってきました。溜まっていたものを彼女にきちんと伝え、この目で今の彼女のことを確認してきました。

書きたいことは色々あります。吐き出してしまいたい内容もたくさんあります。しかし、今日はいちにち気持ちを整理しようと努めていたのにまだ落ち着かないのです。

 

お嫁さんとは、娘のお婿さんと2人で会いに行きました。

詳しい経緯や、話した内容、私が感じた彼女の今の状態や鬼たちのことなど・・・1つづつ詳しく書かせてください。

こんな事をしてはいけないと分かっているのに

思わず衝動的に行動してしまいました。反省しています・・・

 

娘の苦しんでいる姿を見て、どうしても耐えられなくなってしまって。孫のあの素敵な笑顔を失いたくない一心で・・・

 

 

 

これから家に戻ります

 

戻り次第、気持ちを落ち着けて書き込ませていただきます。

母さんはお前の事をまだ一度も認めた事なんてない。嫁としても母親としても中途半端な女と言われたのが、つい1年ほど前

気を落とした娘の姿や、その姿を心配している孫の事を見ているうちに、だんだんイライラが治らなくなってきました。主人は還暦を目前にした人です。離婚は夫婦2人の問題なので、もういい加減自分の母親や姉の力に頼るのはやめてもらいたい、そして私以外の家族にちょっかいを出して巻き込むような卑劣で幼稚な企みはもうこれ以上しないでもらいたい、この気持ちをあの人本人に伝えたくても直接伝えられない今の現状に強いストレスを感じています。

 

母さん、母さん、母さん・・・

この30年間、何かにつけて母さんの指示を仰いでいた主人。家の中ではあれだけ偉そうで、私と子供達の前では王様気取りのあの人が、社会に出れば演技で塗り固められた良き夫を演じる偽物の人生。母親と姉には頭が上がらず言いなりになる情けない男。どうして私はあんな「大したことのない男」のために人生の大半を無駄にしてしまったのか。今冷静になって思い返してみると情けなく思います。

もっと若い頃に行動しておけばよかった、うつむき、くるしみ、枯れるほど涙をながしていたあの頃に歯を食いしばってでも行動しておけば良かったと今になって痛烈に後悔しています。

 

 

 

去年の夏過ぎ、残暑の厳しい季節にあの人はお蕎麦をすすりながら私に言いました。

お前はなんでいつまで経っても何もできないんだ?何もかも中途半端なんだ?母さんはお前のことなんて一度も認めたことはない、嫁としても母親としても中途半端で何もできない愚図な老いぼれ女。しょっちゅうなんであんな女と一緒になったんだ?と聞かれる俺の身にもなれよ。

 

・・・と。もうあの人の言葉なんて気にもしていませんでしたが、心に響かないはずでしたが、そこまでまじまじと言われると悲しく、そして苛立ったのを覚えています。ちょうど家を飛び出して消えてしまいたいと考え出していた頃だったので・・・何も言い返さずに黙っていました。この苛立ちやストレスを今後の原動力に変えようと心に決めながら。

 

今日電話で弁護士先生とお話をしました。お会いできる時間が少し先に伸びてしまいましたが、次の調停前にお会いして現状のことを相談してきます。今のまま何もしないで過ごしていては、あの鬼たちにやりたい放題やられてしまい、こちらばかりが消耗してしまいます・・・大切な家族が次から次へと標的にされていく姿をこれ以上は見ていたくありません。