読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

娘が主人に電話をかけました。明日のお見舞いについて

私のところへはあれから連絡がきていませんが、娘のところにはあの後もう1回主人からの連絡が入りました。今日来れなかったなら明日は必ず時間を作ってくるように。母さんの居場所も知っているんだろうから必ず連れてくるようにと。

主人は娘が義理の父のお見舞いをしに病院へ来る前提で話していました。そして、私のことも無理矢理にでも連れてくるようにと。家族皆が集まっているのに、その家に嫁いだ嫁がこの場に来ていないのはおかしいということを言いたいようでした。もうすぐ離婚をするのに、あの人はその事実を認めたくはないのでしょう。どんな事があっても・・・たとえ義理の父が体調を崩して入院をしていても、私はもう自分の意思であの人たちと会うことは一生ないと決めたのです。

 

娘は小さな頃におじいちゃんに一緒に遊んでもらった記憶が少しはあるようで、ある程度大きくなるまではおじいちゃんがいわゆる「変な人」とは思っていませんでした。ある出来事を境にほとんど近付かなくなりましたが・・・

私が家を出た原因を知り、あの家族に対してさらに拒絶反応を示すようになった娘にとって、主人から頻繁に届く連絡は単なるストレスにしかなっていないのです。

 

娘はメールに返信をすることなく、主人に対して電話をかけました。

 

 

 

そして、はっきりと言いました。「おじいちゃんのお見舞いには行けないし、行くつもりもないから。お母さんの事も今はそっとしておいて。もうしつこくしないで。」

そうはっきりと。私が直接言いたい言葉も伝えてくれました。娘も相当イライラしていたようですけど、電話をしてハッキリ本人に言えたことで発散できたと言っていました。

その言葉を伝えた後に、主人が何を発するのか、しばらくの間その返答を待っていたのですが、結局あの人は何も言葉を発しませんでした。実の娘に言われたことがショックだったのか、突然の連絡で予想外の事を言われて言葉が出てこなかったのか。真意は分かりませんが・・・

 

電話を切った後に、娘は息子に対してメールを入れました。私はやっぱりお見舞いにはいかないことにしたし、お父さんにも電話で直接伝えた。あんたもいかなくていいよ。あの人たちをもう家族として考えるのはおかしい。それくらいのことを皆がされてるんだからと。

本来は私がしなければいけない事を、全て娘がしてくれました。今は素直に感謝して心からありがとうと伝えました。

明日、主人が黙ってこのまま諦めるのか、諦めずに今度はむつみ経由で連絡をしてくるのか・・・何が起こるかは分かりませんけれど、私をはじめ子供達も自分たち家族を本気で拒絶しはじめているということを少しは理解してくれていると良いのですが。

 

 

考える事が多すぎるせいで、毎日の睡眠が浅いのか疲れが抜けません。今日は薬を飲んで眠ろうと思います。明日は孫と一緒に縄跳びをする約束をしているので、元気にならなくてはいけないのです。

今マンションの下にいるからと、こんな時間に連絡がきて、娘が下まで降りてみると

事前に何の連絡も無く驚いたのですが、仕事を早退した息子が娘のマンションまで来て、今まで話をしていました。予想通り、主人からの連絡はすぐに息子のところに入ったそうです。それから、つい数時間前に娘のところにもメールが届きました。じいちゃんが倒れて入院することになったから、今日か明日にでも時間を空けて来るようにと。

娘は私と同じで行くつもりは全くありませんが、息子の心は揺れ動いている様子でした。あの子は優しすぎるので、自分の祖父が病院で苦しんでいるときに意地をはって会いに行かないというのはどうなんだろう・・・と思い悩んでいました。

 

お嫁さんにも私と娘から頼んでおいたので、今はあの家族と距離をとるつもりでいたそうです。周囲が心配をしてくれているのは分かっているけれど、自分と血のつながっている人が病院に入院しているときに、何も行動しないのは違うような気がしている、と言っていました。一目顔を見せるだけでも、その後のお見舞いまではしなくても、それくらいはしておいた方がいいような気がしていると、息子は自分の意見を述べました。

 

それに対して、私も娘も必死に止めました。

その気持ちも分かるけど、あの家族のためにわざわざ時間を割いて会いに行っても、会えたのを良いことに色々と言われて、今よりも酷い精神状態になってしまうから、お願いだからやめて欲しいと・・・

 

 

 

本当は仕事を早退してそのまま病院に行こうと思っていたけど、一度会いにきたと言っていて、私たちの言葉を聞いて、もう少し自分自身でも考えてみると言って帰っていきました。

見るからにやつれていて、声にも元気がなく、いつもの活発な姿とはかけ離れた息子を見ているのが辛かったです。もうこの際、私が直接主人やむつみに電話をかけて、これ以上子供たちに関わるのはやめて欲しいと言いたくなるくらいに、本当にあの人たちの行動や発言、すべての事に苛立ちを覚えています。

 

なぜこんなにも私たちに執着するのか理解できません・・・次から次へとあらゆる手をつかって私をおびき出そうとして、本当は私が警察や弁護士にお願いして私が先手を打つことを恐れているのかも知れない?と考えるようになりました。

 

 

今回義理の父が倒れて入院した事は、さすがに計算ではないと思いますが、主人も離婚を意識しはじめた以上、私を連れ戻す策を考えているのでしょう。相手が強行策に出る前に、私は法的な手順を踏んであの人に離婚届けをつきつけます。

どうか息子が・・・情に流されて病院へお見舞いに行ってしまわないことを願います。伝えるべきことは伝えたので、あとは本人の意思次第です。

姑がいつも口にしていた「義理人情」という言葉。あの人とはかけ離れた言葉だと思うのですが

何かにつけて義理人情という言葉を発していた義理の母。私の知る限り、あの鬼のような人が使うには違和感のある言葉でしたが・・・今日私が主人に連絡をしないこと、病院へ足を運ばないことは、義理の母の中では「義理人情のかけらもない屑嫁」という事になるのでしょうね。

いくら嫌いな人であっても、弱っているときにあまり悪くは言いたくないのですが、私はあの義理の父に対して何の義理も情もありません。こんな事を言うと冷たい人間のように思われてしまうかも知れませんが・・・ただただ、苦手な人としか感じたことがありません。なので、今主人経由であの人が倒れて入院をしたと聞いても、何も感じることはないのです。冷静に何の感情も抱かずに、その事実を受け止めるだけ。本当にただそれだけです。

 

息子のところにも連絡が入っていないかと心配になり、メールを送ってみましたが今のところは返事がありません。あの子は自分の犠牲よりも相手への情で動いてしまうところがあるので、今回のことでまたあの家族と接近しなければ良いのですが・・・本人の意思に任せた方が良いのかと考える反面、早めに抑制しておいた方が良いという気持ちも強いのです。

 

弁護士先生から連絡が入り、時間をとれるのが来週の月曜日になってしまったと言われました。

 

 

 

お忙しいでしょうし、仕方がないので月曜日の面談を了承させていただきました。その日にお会いして、もう少し詳しく現状の話をして、契約をしてこようと思っています。今後の費用面のことなど不安がないと言えば嘘になりますが、今は将来的な不安よりもいまをどう生き抜くかの方が大切だと思うので、離婚に向けての歩みを早めるために、恐れず前へ進みます。

 

それから、お婿さんから私に届いていたあの荷物について、警察署で聞きたいことがあるからと、時間のある時に行って欲しいと言われました。差出人について何か詳しいことが分かったのか・・・私を名指しした相手は誰なのか、全く予想がつきませんが、近日中に確かめてきます。考えることが多すぎて、完全に私の頭はパンク状態です。

毎日ためいきをついている私を見て、孫はばあばは疲れてるの?と聞いてきます。あんなに幼い子にまで心配をかけてしまっている現状、恥ずかしいですね。

 

主人はどうやら仕事を休んで病院に行っているようで、同じような内容のメールが先ほどから何通か私に届いています。何を言われても私の足が病院へ向くことは無いのに・・・主人の私の気持ちに歩み寄ろうと思うタイミングが、あと20年早かったら結果は何か変わっていたのかも知れないのに。何もかももう遅すぎます。

 

今日は外へ出る予定もありませんし、もう少し念入りに弁護士先生に提出する資料などを整理しておこうと思います。

身元の特定が怖いので詳細までは書けませんが、前科持ちで警察にお世話になった回数は一度や二度ではない

このブログにも何度か書きましたが、私は正直義理の父もかなり苦手な人です。いつもニタニタと笑っていて何を考えているか分からない人。お金にだらしなくて多額な借金を何度も作ったことのある人。私も自宅の中であの人に何度も現金を盗られた経験があります。(一度に数千円程度ですが)

そんなあの人は、若い頃から何度か警察のお世話になっています。窃盗、器物破損などで数回。その中には酔って飲み屋さんで暴れた経験や、下着泥棒もしたことがあると主人から聞かされたことがあります。結婚をしてからも何度か警察のお世話になっていて、その都度義理の母にどうにか救ってもらったと。だからあの夫婦の上下関係は自然に決まっています。少なくとも私が知っている限り、義理の父が自分の妻に対して何か意見を言ったり、反抗している姿は見たことがありません。

 

主人も自分の父親のことは心から信頼してはいないのでしょう。普段は普通に接していますし、一緒にお酒を飲んだりはしていますが、はたから見ていてもあの2人には距離があるように思えます。

 

そんな義理の父が体調を崩したという連絡が入りました。入院しなければいけないと。

 

 

 

主人から私の携帯電話に久し振りにメールが届き、今朝入院の事を知りました。どの程度の病状かは分かりませんが、病院名も入っていたので今回は作り話ではなく本当の話だと思われます。主人からは一言

 

お前に良心があるなら、親が倒れた時くらい病院に来い

 

そう言われました。確かに今現在は私の義理の父。しかし、こんな時に不謹慎かも知れませんが、あの人に何かお世話になった事など1つもありません。それに、もう私は離婚を決意した身。病院にお見舞いに駆けつける立場ではないと思っています。意地をはっているつもりはありませんが、例えば命にかかわる状況でも断固として行動をしないのは薄情者なのでしょうか・・・

 

息子にはあの人たちと距離をとってとお願いした矢先の連絡が入っているかも知れません。お見舞いに行くなんて言いださなければ良いのですが。娘には話しましたが、さすがに私は行かないしお母さんも行かない方が絶対にいいと言ってくれました。

 

主人がどう言おうと、こんな時であろうと、私は自分たち家族の身を守るための方向へ進みます。ただ、人としてこの判断は正解なのか・・・その答えは出せずにいます。

息子と電話で話しました。声からも元気のない様子が伝わってくるほどで、主人からもちょうど今日

お好み焼きを食べて、孫や娘から元気をたくさん分けてもらい、お腹も心も満たされたので、息子に電話をかけました。もうあの家族と関わりを持つのはやめた方がいいと再度私からもお願いするために。

電話に出た息子は、声からも明らかに伝わってくるほどやつれた様子で、話をしているだけで心が痛みました。仕事上のストレスも大きいとは言っていましたが、主人やむつみとの関わり合いで体力や精神をすり減らしてしまっているからこそ、仕事にも影響が出てしまっているのではないかと思います。

我が子に私から「もうお父さんとは縁を切るつもりで連絡もしない方がいい」と提案をするのもおかしな話なのですが・・・そうハッキリと伝えました。もうあの家族と関わることはやめて距離をとってほしい、今週中には新しい弁護士さんにお願いをして離婚のための手続きを進めるからと。

 

すると、離婚について今日新たに主人から連絡があったと教えてくれました。

 

 

 

何度も考えたが、やはり母さん(私)は勘違いをしている

一度会って話をしないと、自分も納得できない

ある日勝手に出ていって、離婚をしたいと言ってきたとしても受け入れるつもりはない

会いにくるのが人としての筋

母さんは世の中を甘く見ているから、この先のことを何も考えずに行動している

経済面で俺の援助がなければ生きていけるわけがない

 

このようなことを延々と言っていたそうですが・・・あの人の頭の中にあるのは世間体や自分の生活の不自由さを解消しようという思いだけ。私のこの先の人生のことなんて少しも心配していないのはもう分かっています。

息子も当然そのような話に耳を傾けるわけもなく、一言だけ「もう解放してあげてよ」と言って一方的に電話を切ったそうです。

 

疲れ切った息子の声を聞いていると涙が出てくるほど心が傷みました。それでもあの子は私のことを心配して、気遣ってくれるのです。迷惑をかけてしまっている、情けない母親のことを・・・これから先は、母として頼りにされなくてはいけません。力強く子供たちを守れる母にならなければいけません。そのつもりでずっと生きてきましたし、子育てをしてきたつもりでした、でもいつの間にか私は弱い人間になっていました。

 

もう一度自分を見つめ直します。今は幸い、その時間と安心して過ごせる場所を提供してもらっていますから。ふさぎこんで、恐怖に背を向けて逃げ回るだけでは物事は前へ進まない。私はあの人たちの恐怖を克服して真正面から闘う勇気を身につけなくてはいけないのですね。

 

 

弁護士先生からの連絡はまだありませんが、なるべく早くもう一度お会いしたいです。もう私の離婚への決意は揺るがないものとして固まっていますので。

息子が精神的に病んでしまい、病院に入院する事になればすべて悪いのは私・・・家族に顔向けできません。いっそのこと

昨日から息子の事がずっと気がかりです。お嫁さんもとにかく心配していましたし、あの子は限界まで無理をするところがあるので、ある日突然ぽっきりと心が折れてしまったら?入院が必要なくらい参ってしまったら?そんな事を考えると気が気ではありません。子供たちがあの異常な義家族に苦しめられているのを毎日見ていると心が痛みます。いっそのこと、私はあの家を出てすぐに何もかも捨てて1人で遠い地へ移り住んでしまった方が良かったのだろうと、そうすれば苦しんだのは私1人え済んだのではないかと、何度も考え後悔しました。

しかし、過去を振り返ってそんな事を考えていても仕方ありません。過ぎてしまったことをいつまでも考えているのではなく、今をどう切り抜けるか考えなくてはいけませんよね。私は要領が悪いので、ひとつの事を考えるとどうしても心の中がそのこと一色になってしまい、よくありません。

・・・弁護士先生に相談をすると同時に、もうしばらくは絶対に主人や義家族たちに接触しないようにと、息子には念を押しておきます。これ以上負担をかけさせて、不幸な結末をむかえるわけにはいきませんので。

 

今日は娘が買い物に行ってきてくれて、孫のリクエストでお好み焼きを作ることになりました。我が家ではとろろも入れた本格派。お野菜もたっぷり入れて、おもちやチーズも入れて、美味しいものをお腹いっぱい食べて元気を出します。

 

 

 

家族を守るという事は、とても難しいことだとつくづく感じます。そんな事を言ったら、主人に「社会に出たこともないお前に外の世界の厳しさは分からない」といつものあの言葉を投げつけられそうですが。愛情がすっかり無くなってしまった相手と別れることの難しさ、精神的な消耗も予想していた以上です。

これが弁護士先生に間に入ってもらったことで、劇的に変化するものなのか・・・今はまだ想像がつきません。法律の専門家にサポートしていただくことの安心感は当然ありますが、私が本格的に弁護士を準備してあの人たちと闘うという意思を見せれば、きっといま以上に憤慨することでしょう。

特に義理の母やむつみは・・・私をどうこらしめようかと考えるはずです。恐ろしいですが、屈するわけにはいきません。絶対に。あの2人は過去に2度の離婚を経験しているので、私が騒いだところで落ち着いて淡々と対処されてしまいそうですが・・・私も過去の証拠の数々を武器に、離婚成立に向けて全力で闘い抜きます。

 

これから夕飯の支度をして、夜に一度息子に電話を入れてみようかと思っています。一刻も早く大切な家族皆が、心から笑顔になれる日々を取り戻せるように。私が年長者としてもっとしっかりしなくてはいけませんね。

姑の計画

先ほどの続きです。

むつみが最後に娘に伝えてきたこと。それは義理の母が考えている計画でした。

 

あんたの母親は冷たい人間。私たち家族がどんなに助けを求めても耳を傾けようとしない酷い人。苦しんでいる家族を見て見ぬふりができる人。だから母はそんなあんたの母親を許さない。今の時代、専門家に頼めば探せない人なんていないのよ。母は必ず見つけ出して家に連れ戻す準備をはじめている。

 

この内容はそのまま娘のお婿さんへ提出してあります。こちらには警察もいて、弁護士さんが法律で守ってくれて・・・安全なはずなのに、義理の母が何かを目論んでいると思うと強い恐怖を感じます。むつみはそんな義理の母と意見が対立している?そのやり方には反対しているような事を言っていましたが、私に対する怒りが消えているわけではないということは再認識しました。主人も含め、あの人たちは私のことを許すつもりなんて少しもないのです。

 

義理の母の計画としては、何かの専門家を使って私の居場所を特定して、無理矢理連れもどす?しかし、それこそ拉致でもしない限りはそんな事できないと思うので、現実的ではないと思います。さすがにそこまでの事をすれば立派な事件になりますし、そんな無謀な行動には出ませんよね・・・

 

 

 

何にせよ、警戒はしておくつもりです。一般常識など一切通じない人たちなのは、この30年の結婚生活の中でよく理解しています。

言う事をきかなくなった私の事を連れ戻して・・・その先に待っている地獄は想像を絶するものになると思います。どんな手を使ってきたとしても、私はもうあの人たちと接触することは絶対にありません。主人との離婚は無事成立し、私の大切な子供たち家族には少しも近づけない状態にします。それが最善ですよね。脅しに屈して、恐怖に飲まれて、何も行動しなければどんどんこちらが不利な状況に追い込まれていきますから、今まで以上の速度で動けるようになります。

 

毎日思ってはいるのです、私が行動しなければ、何も解決に向かってはいかないと。それでも不器用な私の考えや行動は裏目に出てしまうことが多く・・・反省しています。

こんなにも沢山の方が力を貸してくださっていること、子供たちが応援してくれていることをきちんと受け止めて離婚問題解決のために頑張ります。

 

私たち夫婦の問題でこれ以上人に迷惑をかけることはできません。