読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

精神異常者たちの常軌を逸した行動は法律や警察の力だけで全て抑制するのは難しく、その気になれば寝ているところへ

恐怖に怯えたまま過ごさなければいけない事が辛いです。公的な機関に相談をして、最良のアドバイスを貰い、何かあればいつでも守ってもらえるという環境に身を置いていても、結局は「何かが起きてから」でないと動いてはくれないのですよね。

守ってもらう立場で文句など言えないのですが、私は今完全に安全な状況を確保できているわけではないということです。

 

警察でも私を怖がらせる目的で話してくれたわけではないと思うのですが、犯罪者の心理は一般人のそれとは想像以上にかけ離れたもので、彼らがその気になれば、家が留守の間に侵入して隠れている事もできるし、窓を破って寝ている間に襲うことだってできるんですよ。と言われ、背筋が凍りつきました。

ニュースで報道されるような犯罪を見ていても、他人事のように考えていて自分の身に置き換えて考えることなどありませんでしたが・・・私も一歩間違えればそのような状況を招きかねないということなんですね。

 

 

 

これからまた、色々な手続きや相談があって外に出てきます。今の状態で平常心を保つことは正直言って無理なので、少しでも早く気持ちを落ちつけられるように、いましておくべきことを形にしていきます。

 

胃が荒れているのでしょうね、キリキリ痛むという状態を通り越して、たまに強い吐き気に襲われます。精神状態はここ最近で1番ギリギリな状況かもしれません。

 

 

早くこの家を出て、こんな男とはすぐにでも離婚してしまいたい。家を出てしまえばこっちのもの、あとはあの人もすぐに離婚を認めざるを得ないような証拠をつきつけて、最低限もらえるお金を受け取って別れることができれば私は新たな人生を歩み出せる。そんな風に簡単に考えていた自分が恥ずかしく情けないです。

 

胸が苦しいです、頭が痛いです、見えない何かに押しつぶされてしまいそうです。それでも今は歯を食いしばって前へ進むしかないのです