読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

私の二の舞になって欲しくないから、長々と本音のメールを送ってしまいました。厚かましいかもしれないけれど・・・

私と同じように苦しんで欲しくないから、お節介と思いながらも私の考えを長々とメールしてしまいました。放っておいた方がいいという気持ちも強くありましたが、居ても立っても居られず・・・私が経験してきたこと、後悔していること、あの時こんな風に行動しておけば良かったなど。余計なお世話と感じたら読まずに削除してくださいと書き添えて送りました。彼女には後悔してほしくないのです。これ以上苦しんでもらいたくないのです。

 

今私があの写真を撮られるほどの状況にいるという事は、お嫁さんも同じような状況になるかもしれないということ。一度でもあの人たちに居場所が特定されてしまえば、どこまでも追い回されてしまいます。彼女の心の奥深くにある大きな傷口がまた開いてしまうことがあれば、孫にも危険が及びますし、夫婦関係どころか家族も崩壊、一般生活にすら支障をきたす可能性もありますから・・・絶対にそうなって欲しくありません。絶対に。

なので、私が未然に防げる可能性があることには、微力であっても協力したいと心からそう思っています。彼女がそれを受け入れてくれるかどうかは分かりませんけれど、その意思だけでも今の内に伝えておきたいと思いました。

 

 

 

お嫁さんのこともそうですが、娘も心配です。昨日のショックから立ち直れていないというわけでもないのでしょうけれど、家にいてもたまに大きなため息をつきます。色々なことが娘にストレスを与えています。その中でも、恐らく息子の変わり果てた考えや言動がよほどショックだったのでしょう、本人は何だかんだ言っても自分の弟だから、会って話をすれば通じあえると考えていたのかもしれません。

しかし、今の息子はそのような状態ではなかったのです。決して話の通じる相手ではなかったと・・・娘は目に涙をうかべて語っていました。

 

弁護士先生からの返事は今のところありませんが、あの写真や写真を撮られてしまう環境が今後私にとって不利に働くのかどうかが気になっています。あまり気にしなくても良いと言われても・・・気分の良いものではありませんけどね。

 

何から考えればいいのか見失いそうになりますが、私は自分のこと、自分のすべきことをするだけ。きっとそれが今は1番なのですよね。余計な行動をしないように心がけていても・・・自分の何気ない行動がそれに該当してしまいそうで怖いです。