読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

娘から手渡された封筒に入っていた写真に写っていた光景を見て背筋が凍る思いをしました。一体どうやって

先ほどの続きを書かせていただきます。

 

娘から手渡された封筒に入っていた写真に写っていたのは、私を写したものでした。買い物をしている写真、借り住まいのアパートに住んでいる頃の写真(家の付近です)、お嫁さんと会って話している写真、そして信じられないのがお墓参りをしている写真・・・お墓で周囲に人がいたような事はないはずですし、いたら気が付くと思うのですが・・・事実撮られていたので「誰か」が撮影したのでしょう。

 

息子は娘に対して、この写真はほんの一部だと伝えたそうです。詳細は言えないし、言ったら自分が危険な目に遭うかもしれないから察してほしいと。娘はこんな事をしたら警察に言うと息子を問いただしたと言っていましたが、たぶん想定しているよりも何倍も色々なことを調べられているし、先回りをされているから、本当に弁護士なり警察にもっと強く相談した方がいいと言われたみたいです。

 

あの人たちが雇った探偵のような人が私の事を調べている?私に対して何もしてこない、言ってこないのは嵐の前の静けさなのでしょうか。この後溜めこんだものを使って私を追い詰めるつもりなのかもしれないと思うと恐ろしく・・・強い恐怖に襲われています。あの人たちは悪魔です。ここまで徹底的に相手のことを追い詰めるなんて普通ではありません。

 

 

 

息子は抜け出したくても抜け出せないと目に涙をうかべて訴えてきたそうです。自分が少しづつおかしくなっているのも、このままだと妻にも子供にも愛想をつかされてしまうのも、全部気付いていたようです。それでも精神的に参ってしまった部分に付け込むように近づいてきた主人やむつみに支配されていってしまったのではないでしょうか。自分自身の責任なので、どこかで自分がブレーキをふめなければいけないのですが・・・

 

私が娘の家に居候している事はもうほぼ確実に知られているのでしょうね。そして、私が何か次の行動をしようとしても、全て見透かされてしまう・・・弁護士先生には当然相談します。これではどこにいても安心して生活なんて出来ませんから・・・

 

むつみや義理の母の手の上で踊らされていると想像すると、怒りを感じるのですが・・・それ以上に恐怖のほうが強いです。

 

お嫁さんも同じようなことをされていないか、それが本当に心配です。