読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

娘は息子に会いに行きました。そして、お嫁さんからも報告があり、新しい家への入居日について

息子は「あちら側の人間として」娘と話をするのか、それとも今回の別居のことで少し気持ちを整理して冷静に私や娘と向き合ってくれるのか。今日の話し合いで分かると思います。2人が会って話をするのは久し振りですから、お互いに言いたいことは溜まっているでしょうし、話し合いの末に関係が悪化することだけは避けてもらいたいと思います。若くして、まだ子供も幼い内に別居を経験して、本人もかなり多くの事を考えているでしょうから・・・それが良い方に作用してくれることを望みます。

 

お嫁さんからも連絡があり、引っ越しは今週中にできるけれど、予定していた部屋よりも、もう少し距離を取ろうかと悩んでいるみたいでした。子供のことを考えると、偶然であってもむつみを見かけてしまうような距離にいるのはリスクを伴うから心配だと。それは当然ですよね、少し大変であっても遠くへ離れることは大切だと思います。仕事との兼ね合いもありますから、簡単な話ではないのでしょうけれど。

 

私は今日は留守番をしながら、旅行中にたまった洗濯物を片付けます。もっとすんなり離婚をさせてくれればいいのに。主人の意思はまた別なのでしょうけれど、義理の母やむつみは、私にお金を支払いたくないから離婚に反対している・・・恐らくそれが1番の理由です。

もうそれならいっそのこと、お金なんて要らないから一刻も早く離婚させてほしい!そうとまで思ってしまうのですが、そんな考えを持ってはいけませんよね。

 

 

 

弁護士先生にお任せしているとは言え、本当にあの人たちと関わっているのが嫌になってきてしまい・・・少しでも早く終わりにしてしまいたいという思いが日に日に大きく強くなっています。

それがあちらの狙い?そうやってむつみが離婚をした時にもお金を支払わない形で離婚を成立させたのかもしれませんけれど、うまく法に触れないところをつきながら相手にストレスを与えていくのも、あの人たちは天才的だと思います。

 

サイコパス。義理の母はぴったりそれに該当するような人なので、常識では考えられないことをこれからもしてくると思います。息子のお嫁さんがいなくなって、娘には警察官のお婿さんがついている、となれば最終的には標的は私だけに絞られます。私の大切な人たちが傷つかないならそれが1番いいのですが・・・今後絶対にあの人たちの思い通りにはさせない、そのために私も知識と行動力を身につけなければいけない、と考えているので、この闘いに勝つための成長が出来るよう努力をします。

 

息子夫婦にとっての1番の幸せとは、この後どのような方向へ進むことなのか?離婚という最悪な結果はできれば訪れてほしくないのですが、こればかりは私がどうこう出来るわけではありませんので、傍で温かく見守っていたいです。