読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

楽しく幸せな時間はあっという間ですね。これから鬼退治をするための

本当にあっという間に楽しい旅行の時間は過ぎ去っていきました。それでも、たくさんの思い出ができましたし、たっぷりと心と体に栄養をもらったので、明日からまた気持ちを新たに頑張れそうです。とっても元気が出ました。

お水もお米も美味しい地域なので、ごはんがとにかく美味しくて少し食べ過ぎというくらいたくさん食べてしまいました。こんなに食事をするのも久し振りです。

最終日なので軽めの観光をして、早めに帰路につきます。最後まで胸いっぱいに新鮮な空気を吸い込んでおきたいと思います。

 

鬼退治・・・というとちょっと大袈裟ですが、あの鬼家族と弁護士先生を通じてこれからもしばらくは闘っていかないといけません。まだまだあの人たちが何かをしてくるであろうと、弁護士先生も想定してくださっていますので、すべてが当初の予定通りに進むことはないでしょうけれど、あの人たちの策略に負けず、心を折られぬよう最後まで闘い抜きます。

 

 

 

あれからお嫁さんからのメールや電話はありませんが、何か他に変わったことがないのかどうか、むつみをホテルの近くで発見したのは偶然なのか、本当に息子は今のホテルの場所を把握していないのか・・・そのあたりが凄く気になります。

お嫁さん曰く、次に入居する予定の部屋の場所は絶対に息子や義家族が想像もつかないような場所。との事でしたので、無事に引っ越しができれば安全なのでしょうけれど。どうしても考え過ぎてしまいます。あまり神経質に悩んでばかりいるのも良くありませんよね。かと言って全く警戒心を持たないのも危険ですし・・・

 

GPSの件、今日連絡がついたら話をしてみようと思います。おそらく自分の車で移動しているわけではないと思うので、考えられるとしたらスマホでしょうか?私には詳しいことがわからないので、携帯電話の中にそのようなことを調べられる何かがないか?と聞いてみようと思います。・・・息子もいくらなんでも愛する妻に対してそんなストーカーじみたことをするとは思えませんけれど。可能性は0ではありませんものね。

 

そろそろ支度をして外へ出ます。娘夫婦と息子のお嫁さん、それから孫たちにお土産を買って、この最高の旅を締めくくりたいと思います。