読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

考えただけでゾッとします。どんなカラクリがあるのかは全く想像もつきませんが、お嫁さんの泊まるホテルに

今日は1日車で散策していて、さきほど宿に戻ってきました。ちょうど戻ってくる時間の30分ほど前にお嫁さんからもメールが届いていて、今日の「むつみらしき人物」について詳しく教えてくれました。それは、とても偶然とは考えられないような内容でしたが、果たしてどうすれはそんな事が可能なのか?私には想像もつきません。

 

お嫁さんがむつみらしき人物を見かけたのは、ホテルに程近いカフェレストランのような場所だったそうです。そこでむつみは見知らぬ男性と話をしていたと。存在に気付いてすぐに走り去ったため、凝視はしていないものの、私もわかるのですがあの人を見間違えるような事はあまり考えられません。ですので、お嫁さんが見かけた人物は、ほぼむつみで間違いないのでは?と思っています。

部屋に戻った彼女はただの偶然?でも家からは結構離れた場所に部屋をとったし・・・と色々考えを巡らせたそうですが、当然答えは出ません。

 

そうこうしているうちに、お嫁さんの携帯電話にむつみから着信が入ったそうです。その瞬間、彼女は心臓が痛むほどドキっと飛び上がってしまう程の衝撃を感じたと言っていました。

 

 

 

恐ろしかったという理由と、もう今はあまりむつみの事を考えたくないという理由から電話には出なかったそうですが、立て続けに3〜4回のコールが鳴ったみたいなので、どうしても電話に出させたい、気付かせたいと考えていたのだと思います。あの人はいつも強引なのです。こちらの都合なんて関係なく、自分が今話したいのだから相手は電話に出て当然と思っているような人です。

 

ホテルのすぐ近くでむつみを目撃して、その日に何度も電話がかかってくる。これが本当に偶然なのでしょうか?息子が余計な告げ口をした?とも考えましたが、息子にすらホテルの場所は伝えていないそうなのでそんな事は考えにくいですよね。詳しくはわかりませんが、人のGPS情報を見て相手のいる場所を特定するなんてことは警察などの機関でないとできませんよね。・・・本当にこれが全くの偶然なのか、それとも何かカラクリがあるのか。どちらにせよ、ホテルへ移動したからといっても警戒心は忘れないように行動して欲しいと伝えました。

 

 

だんだん不安になってきました。私も人のことを言える状況ではありませんが、家を出て仮住まいに住んでいた頃の私と同じ・・・小さい子供を連れているのなら、それ以上の不安を感じているでしょうから、一刻も早く新しい部屋を決めて安堵の日々を過ごして欲しいと思います。

気疲れして昔の心の傷が開いてしまったらと思うと・・・それだけが本当に心配で仕方ありません。