読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

息子とお嫁さんの話し合い

今頃2人は話し合っている頃かも知れません。夕方頃、お嫁さんに「家を出ることは今日は言わない方が良いのでは?」と連絡をしようかと考えましたが、それは要らぬお節介だと思ってやめておきました。彼女自身で決めることなので、私がとやかく言う問題ではありませんね。

 

今夜はあくまで「家を出るという決断をした」と息子に告げる日。今後の息子の態度で家を出ようと思っているだとか、今日の話し合いで家を出る可能性もある、といった話ではありません。お嫁さんの中で、もう家を出ることは決定しているのです。その決定した事実を息子に対して正式に提示しようとしています。

彼女の性格を知っているからこそ分かります。この決断に至るまでに、相当苦しんだことでしょう。何度も思い悩んで、ようやくたどり着いた決断。息子はここに至るまでに何度も機会をあたえてもらいながらも、そこに気付かなかったのか、見て見ぬふりをしてしまったのか・・・たとえば今日いくら反論をしても、謝罪をしたとしても、一時的に別居をするというお嫁さんの判断が覆ることはないでしょう。

 

息子夫婦が突然別居をして、その先には離婚が見えていると、主人やむつみが知ったら?間違いなく何か嫌な行動をするに決まっています。特に義理の母は古風な考え方の持ち主ですから(もちろんそれだけではなく異常性も兼ね備えていますが)若い夫婦が別居をするなんて聞いたら激昂するのは目に見えています。

 

 

 

絶対に仮の住まいの場所も、引っ越し先もあの人たちに知られてはいけません。そのあたりの事は徹底していて、しっかりしたお嫁さんですから大丈夫だとは思いますが。問題なのは今夜話したあとに息子がどのような行動をとるか。そこ次第です。

すぐに主人に告げ口をするのでは?むつみや義理の母にも伝わって、明日の朝一番にでも家に乗り込んできて逃げ道がなくなってしまうのでは?夜中の内に孫だけ連れ出されてしまったら?・・・そんな心配ばかりしています。万が一、息子がそこまであの家族側にべったりなのであれば、もう救いようがありません。さすがの私も実の息子のことを見限ってしまいそうです。

 

とにかくまずは無事にあの家を出て欲しいです。私が人のことをとやかく言える状況ではないのですが、落ち着ける環境に身を置いて、少しでもストレスを軽減すること、そして息子が頭を冷やす状況もつくること。これが大切だと思っています。

同時にあの家族にも、このお嫁さんはこんな行動ができるのだと、提示できる良い機会にもなるのではないでしょうか。最終的にはあの夫婦には幸せな結末を迎えて欲しいというのが本音ですが、今の時点では先が読めません。

 

考えすぎて胃が痛いです。今はただただ無事を祈って状況を見守ることしかできません。