読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

更新が遅れてしまいました。昨日の夕方、一切何の連絡もなく娘の家へ訪問してきたのは

昨日の夕方過ぎ、何の連絡もなく娘の家へ息子のお嫁さんが訪れました。いつもなら、事前に何かしらの連絡があるのに珍しいと思っていると、イスに座るなり普段は冷静なお嫁さんが少し焦った様子で話し始めました。

 

何かされそうな予感がします。きっともう計画を立てていて、実行に移そうとしている段階です。

 

すぐにあの家族のことだと分かりました。昨日のお昼頃にお嫁さんの携帯電話に主人から電話がきたそうです。そして、ゴールデンウィーク中に皆で食事をしようと誘われたと。場所は息子夫婦の家。今度は皆で息子の家に集合しようと言うのです。

なぜ短期間の内に、そんなに頻繁に親戚同士の集まりを開かなければいけないのか、明らかに前回の集まりのときも肩身の狭い思いをしているお嫁さんを無理矢理参加させようとするのか。・・・自分たちのところから逃げてしまう前に味方に引き入れようと考えているのでしょうけれど、それにしても迷惑な話ですよね。

 

むつみは人の家に来ると、勝手に冷蔵庫や引き出しを開けます。はじめは我が家に来たときだけそんな事をすると思っていましたが、どうやらそうではなく。以前息子の家に来たときにも、気になった戸棚や引き出しは勝手に開けて中の物を引っぱりだしてみたり、無断で冷蔵庫の中の飲み物を漁ったり。

お嫁さんはやんわりと「うちは探しても何も面白いものはありませんよ~」ともうやめて欲しいというようなニュアンスで話しかけたようですが、むつみは気にしない様子で家の中の物色を続けていたと言っていました。誰でも無理ですよね、そんな人。そして自分の気になったもの、気に入ったものを見つけると自分のものにしたがるのです。幸いお嫁さんはまだむつみに何も取られていないようでしたが・・・

 

 

 

昨日のお嫁さんは本音を話してくれました。

 

急に主人から携帯電話に連絡があったことにストレスを感じる

むつみがまた自分の家の中に入ってくると考えただけで嫌だ

義理の母と顔を合わせるのも、また叱られるのも苦痛

この先色々なことを計画しているのかも知れないけれど、それを息子が知っていて(あるいは一緒に計画していて)何も話してくれないことが悲しい

 

・・・など。

もう限界ですと。今の心境を、ここまで追い込まれているのだということを、息子にも伝えたいから、早々に別居をすることを決めたそうです。

1番早くても、部屋を借りて移動するのが来週のはじめ頃になってしまうそうで、明日3日から5日間程度は孫と一緒に安いホテルで生活をすると話していました。

 

今夜、息子には行き場所は言わないものの、部屋を出ることと少しお互いに距離をとって頭を冷やそうという話はするそうです。私のように黙って家を出ていくのではなく、あくまで夫婦関係は崩したくないのだから、あなたももう一度冷静になって考えてみて欲しいという意思表示をするということでしょうね・・・最後のチャンスともいえると思いますが、ここで息子には目を覚ましてほしいと切に願っています。ここで本当に大切な家族の存在に気付けなければ、そのときはお嫁さんも最後の決断をするでしょう。

 

生活費の足しになればと、少額ですがお嫁さんにお金を渡しました。本当に色々と迷惑をかけてごめんなさいと謝ると、お母さんはいつも味方になってくれますし、頼りにしていますと笑顔で言ってくれ、私は本当にこの子のことを自分の娘のように大切にしたいと、心からそう感じました。

 

 

今日話をして、うまく家を出ないとまた主人やむつみに邪魔をされそうな気がするので・・・息子も余計な報告はせず、彼女の気持ちを尊重してほしいと思います。