読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

明日、弁護士先生とお会いしてきます。変な胸騒ぎがするのです、私と娘と息子のお嫁さんと

今日は娘が近所の中華料理屋さんで出前をとってくれたので、久しぶりに五目焼きそばを食べました。亡くなった父が中華料理が大好きで、母もよく作っていたので中華のレシピはたくさん残っています。中でも私のお気に入りはエビチリと麻婆豆腐とトンポーロー。中華鍋は我が家に置いて来てしまいましたが、久し振りに中華を作りたくなりました。子供達も大好きでよく作ったので、来週のどこかで作ってみます。孫に手伝ってもらって甘くて美味しい胡麻団子も用意します。

 

明日、弁護士先生とお会いして、話をしなければいけない事と、お渡しする書類があるのですが、近況報告とお嫁さんのことについて相談をしてきます。私が相談をして、お節介に今後の行動を指示するようなことはしませんが、万が一に備えて知識をつけておけば役立つときがくると思いまして。

 

なんとなく、変な胸騒ぎがするのです・・・今日の主人の動きを見ていても、むつみの連絡のことを考えても、今まさにあの人たちが何かをしようとしているとしか思えないのです。

 

 

 

弁護士先生からの正式な通知が届いているにも関わらず、あの人たちは「あくまで家族の一員として」という前提で少しづつお嫁さんとの距離を近付けてきています。いくらそんな事をしても、お嫁さんがストレスを感じているなら、それは立派な被害になるはずなのに・・・

娘のお婿さんが話していた、自分の目的を達成するためなら、最終的にはそれが犯罪行為であってもなんの躊躇もなく平気で行動してしまう、そういう人種なのだと思います。

 

お嫁さんは今日1日外出した事で難を逃れましたが、むつみは自分の思い通りにいかなかった事にイライラしているのではないでしょうか。私の経験上、そんな時のむつみは必ず近いうちにまた接近してきます。

お嫁さんは、恐らく数日中には孫を連れて家を出るのでしょう、この先どのような展開になるのか、私には想像もできませんが・・・どうか無事にあの人たちから逃げ切って見つからない場所へ移動してもらいたいです。

 

結局、お嫁さんにはとても今の状況では旅行の事を言いだせませんでした。娘が準備をしてくれたので、2泊ほどで出掛けてくる予定ですが、このような状況下で私だけ羽を伸ばすような旅行へ出てしまって良いものか・・・後ろ髪を引かれる思いです。