読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

お嫁さんから連絡がきました。夫婦の話し合いの結果報告、すべてを受け入れると決めていたにも関わらず

息子のお嫁さんから連絡をもらいました。どんな話し合いが行われようとも、話し合いの上でどのような結果が導き出されようとも、私はその全てを受け入れて尊重しようと決めていました。それでも、お嫁さんからの着信が入ったときに、これから結果を聞くという事に緊張して、鼓動が早くなってしまいました。

 

電話に出ると、いつもの元気なお嫁さんの声で、連絡が遅くなってしまい申し訳ありません、と言われました。もう少し落ち込んだような声をしているのかと思ったら元気な声をしていてホッとしましたが、次の瞬間に昨日の話し合いの結果を聞かされて、覚悟はしていたものの少なからずショックを受けました。

 

○○さん(息子)とは、しばらく別々に住むことにきまりました。

 

わざと明るく言っているように感じました。もしかしたら、電話の向こうでは一晩泣きはらした顔をしているのかもしれません。そんな事は微塵も感じさせず、私に余計な心配をかけまいとしている姿勢を感じ取ることができました。

 

 

 

苦しい決断だったでしょう、私が思い悩んでいる以上に当事者である彼女はもっともっとたくさんのことを考え、悩んだに違いありません。今後の生活のことや子供のこと、別居期間やその先にあるかもしれない離婚のこと・・・彼女は離婚はしたくない、今でも息子のことを大切に思っているとは言ってくれていましたが、息子の考え方が変わらなければ、その可能性も完全にないとは言い切れないと思っています。

 

彼女と子供がとにかく気の毒で仕方ありません。そして、自分の息子がこのような結果を自分の妻に選ばせてしまったという事実を悲しく思います。

話し合いの内容も聞かせてもらいましたが、息子の発言にはいくつかひっかかる点があり、本当に今は冷静な判断ができない状況にあるのだと、あらためて残念に感じました。・・・のちほど息子がお嫁さんに言ったことをまとめてここへ書き込ませていただきます。

 

 

覚悟はしていましたが、やはりまったくショックを受けないというのは難しく・・・別居という結果を悲しく思います。当然、その気持ちはお嫁さんには伝えていませんし、彼女を責める気持ちは少しもありませんので、尊重し今後も応援していきたいと思っています。

 

今このタイミングで一緒に旅行へ行こうと誘うのはさすがに不謹慎ですかね、彼女を少しでも元気付けようと思ったら、しばらくそっとしておく方が良いのでしょうか