読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

迷っています。せっかくのお誘いですが、素直に受け入れて良いものか判断できずにいます。

ゴールデンウィークですね、2017年に入ってもう4ヶ月が終わってしまうという実感が湧きません。私があの家を出ると決断してから、めまぐるしく時間が過ぎ去っていきました。当初考えていたほど、ものごとは簡単には進まず・・・私はまだあの鬼たちのすぐ近くにいます。そして未だにあの人たちは私の離婚を阻止しようと動いています。

 

お嫁さんからはまだ連絡がないので、昨日の夫婦の話し合いについて、詳しいことは分かっていません。心配でたまりませんが、今はただ連絡を待つことしかできないので、ただただじっと祈りながら待ちます。

 

昨日、私が病院で先生と話をしてきたことを娘に話すと、心配をしてくれて少し身も心も静養をとった方がいいと言われました。このゴールデンウィークに家族で簡単な旅行をしようと誘ってくれて・・・心から嬉しいのですが、素直にその申し出を受け入れて良いものか迷っています。私なんかがついていったら、せっかくの家族旅行を邪魔してしまうのではないか、さすがにそこまで甘えてしまってはいけないのではないかという気持ちが私の判断を邪魔しています。

 

 

 

一緒に住もうと居候として家に置いてくれることになった時にも、私は散々迷ったあげくに娘夫婦の厚意に甘えることを決めました。今回もお言葉に甘えてしまっても良いのかな・・・そちらの思いの方が比率としては大きいのですが、毎度甘えてばかりで何の恩返しもできていませんから、親として情けなさや恥ずかしさがあるのです。

急に計画を立てても泊まるところなんて見つからないのでは?と思いましたが、その点は心配しなくても、お婿さんのツテがあるそうで、私さえその気になればすぐに準備を進めると言っていました。

 

たしかに今旅行へ出かければ、最高の気分転換にはなりますし、心も体もリラックスできますね。もうかなり長い間、まともな旅行なんてしていませんから、娘にお願いをして、甘えてしまっても良いのですかね。家族の思い出作りの中にお邪魔してしまうことに対しての躊躇は、もしかしたらあまり必要ないのかもしれません。ここは素直にその厚意を受け入れることが、娘にとっても喜ばしい返答なのでしょうか。

 

 

暗い表情ばかりしていても幸せは寄ってきませんし、孫にも心配をかけてしまいます。たまには思い切り外で羽を伸ばして、幸せを満喫してもバチは当たらないのかもしれません。