読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

人道を外れた行為

今日お嫁さんと会って話をした時に、何度も念を押された事があります。それは、ああいう人たちには、人の常識なんて通用しないということ。私も重々承知していたつもりでしたが、彼女の話を聞いて、さらにそれを実感しました。

 

私の父は自分の考えだけを常に肯定していました。思い込むと周りがまったく見えなくなりました。何度も警察がきて注意をされた事もありましたけど、そんなの関係ないんです。法律がどうのとか、逮捕されちゃうとか、カッとなったときにはそんな事はどこかに吹き飛んで、目の前のことしか見えなくなります。

だから、ああいう人たちを法律で完全に縛り付けることは無理だし、警察がいるからといって安心なんてできません。その気になったら、自分がその先でどうなるかっていうことよりも、とにかく「今自分の思い通りにすること」しか考えていないので、絶対にこの先も気を抜かないでください。完全な他人になって遠く手の届かない場所に逃げ切るまでは。

 

過去の出来事、彼女のお父さんの話を聞かせてもらって、むつみや義理の母の恐ろしさ(特に義理の母ですが)がさらに増したと言いますか・・・もともとわかっていたつもりなのですが、再認識できました。本当にあの人のことは「普通の人」として見てはいけないのですね。人格障害・・・そう認識していないと痛い目を見てしまいそうです。

 

 

 

息子は、新しい職場へスムーズに移動できそうだと言っていました。あんな態度をとって、お嫁さんや孫に対してひどいことをしている息子のこと、今でもしっかり心配してくれているし、誰よりも気遣っています。あんな素晴らしいお嫁さんは他にいないのだから・・・どうにか息子には目を覚ましてもらいたいです。

あまり時間はありませんが。お嫁さんがあんなに覚悟を決めていることに、早く気付いてもらいたいというのが本心ですが、今の正しい道を見失っている息子には難しいでしょうね。

 

人道を外れた行為を平気でするような人たち。そんな人たちとこれから離婚問題で争わないといけないという事を、今更ですが改めて実感しています。弁護士先生がついているから大丈夫だとか、身内に警察官がいるから安心だとか、そういった気持ちは持たずに、常に危険が身近にあるのだと認識するようにします。

 

まだお腹の調子が優れず、体調は全快ではありませんが・・・気持ちの面で負けないよう、気を強く持って踏ん張ります。衰弱していると悟られてしまえば、それこそあの人たちの思う壺なので。