読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

今日は1人で外出です。十分に警戒して出掛けてきます。それほど離れていない場所なので

外はだいぶ暖かくなってきましたが、帽子とマスクとサングラスをつけて、厚着をして出掛けてきます。はたから見たら完全に怪しい人に見えそうですが・・・むつみや義理の母がどこから見ているか分かりませんから、念には念を入れておきます。

 

娘やお婿さんにはたくさんの我慢をさせてしまっていますし、息子夫婦にも結果的にたくさんの迷惑をかけてしまい、久し振りに帰国した弟にも会えず・・・今は何もかもうまくいかない状況になってしまっている気がします。

今でもたまに、家を出るタイミングが間違っていたのでは?もう少し我慢をしながら計画を練った方が良かった?見切り発車すぎたのかも知れない・・・などと考えることがあります。

冷めきった夫婦関係でも、週末に義家族からたくさんのストレスを感じていたとしても、それでももう少しだけあそこで耐えていれば、周囲の大切な人たちに今のような迷惑はかけていなかったかも知れないと思うことがあります。

結果論なので、あの時にどう行動するのが正解だったかなんて分かりませんけれど・・・今こうして動いてしまったのだから、今を上手に乗り切る方法を考えるほかありませんね。

 

 

 

ももう52歳ですから、若い頃よりも明らかに体調を崩しやすくなっているのを痛感しています。内臓系もそうですが、体のところどころが痛かったり、思ったように動けなくなっていたり。でもそれでも、むつみや義理の母よりは若いのですから、あの人たちに負けてはいられません。

この離婚を乗り越えて、次の人生で必ず幸せを掴みます。余生を幸せいっぱいに過ごせれば、きっと今までの暗い記憶なんて吹き飛ばせると思っています。全てを忘れることなんて出来ませんけど、少しづつ薄れさせていって幸せな記憶で塗り替えていきます。

 

油断するとすぐに忘れてしまいます。「下ばかり向いていてはいけない」ということを。しっかり前を見て、未来を見据えて、1歩づつ着実に前へ進むこと。私はすぐに見失いがちな大切なこと。

嫌なことが続いているときほど、この気持ちを忘れてはいけませんね。きっとどうにかなる、幸せになれる。すべてがあの人たちの思い通りになるはずがないのですから。