読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

やめろ、やめてくれ

息子家族の事について、今日は娘とじっくり話をしていました。息子は、私が過去にされた事を聞いて、一度は主人やむつみたちと絶交するとまで言いましたが、今はあの人たちの言いなりのような状態。一体なぜそのような結果になってしまったのか?あのあと主人と話をして「私の方が異常な考え方や行動をしている」と吹き込まれでもしたのかもしれませんが、今は私には一切連絡がきませんし、比率で言えば主人の方を信用しているように感じています。

私は自分自身、まったくその気がなくても人に勘違いされてしまうような発言や行動をしてしまう事があるようで、良かれと思ってとった行動で相手を怒らせてしまう事もあります。まったくの誤解であっても、相手が主人や義理の母やむつみであれば、弁明する余地もなく雷を落とされてきました。

 

もう何度もこのブログに書いてきましたが、今までの結婚生活の中で、私はいくら体調を崩していても、うなされるほどの熱があっても、意識が朦朧とする中で無理矢理家の中の仕事をさせられたり、外へ買い物へ出掛けさせられたり、一度高熱で外で倒れて、瓶を割り、ざっくりと足を切って大量出血したこともありました。義理の母に頼まれた買い物でしたから、その時もこっぴどく叱られましたが・・・

 

ある時は、主人が珍しく体調を崩し(少しでも熱が出ただけで大げさに寝込みます)家で不機嫌そうにしていたので、子供達を連れて外へ出た事がありました。その時はたしか、少しだけ奮発をして、遠出をして遊び、子供達とレストランでハンバーグやオムライスを食べて休日を満喫してきました。あまりに楽しかったようで、帰宅後に息子は主人にその日あったことを嬉しそうに話したのです。すると主人は

 

やめろ、やめてくれ。目障りだからどこかへ行け。お前の話なんて今は聞きたくない。

 

 

 

そう言って子供を振り払い、自室に入って行ってしまいました。その時の息子の寂しそうな顔は忘れられません。夜中におかゆでも作ってくれと起きてきた主人に、あの対応はないでしょうと文句を言うと、怒鳴られて次の日には義理の母に告げ口をされ、またいつものように叱られたのですが・・・

そのようなことが何度もありました。何度も何度もありました。

息子は小さい頃から悲しい経験をしていて、それが記憶の中に残っているはずなのに、なぜ今あの家族と親しくして、自分の大切な妻や子供をあの人たちに会わせようとまでしているのか、とても理解できません。

 

私と娘の意見はある程度固まりましたが、明日お嫁さんに話をしてみて・・・あとは本人の判断次第になります。

明日は絶対にあの場所へ行ってはダメです。絶対に。今夜は自分ごとのように明日が不安で寝付けそうにありませんが、体調を崩してしまっては元も子もないので、薬を飲んで眠るつもりです。