読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

少し外の空気を吸って気を落ち着かせてきました。夕飯の買い物をしていると、

娘に最近のお母さんは色々と考えすぎなんじゃないの?と言ってきました。関わっている全てのことを完璧にこなせる人なんていないんだから、もう少し気楽に物事と接した方がいいよ、このままじゃせっかくあの家を出る事ができたのに全然気が休まらずに、いつかまた壊れちゃうよ、と。そうですよね、私個人の力なんて、本当に小さなもの。出来ることも限られているのですから、あまり思いつめても仕方がないですものね。息子夫婦の問題も、2人は立派な大人で、しっかりした家庭を作り上げているのですから、どうにか良い解決策を見つけてくれますよね。

弟のことはまだ完全には答えが出ていませんが、弁護士先生には連絡をしてあります。弟は渡したいものもあるし、短時間でも必ず会いたいという事を言っていましたので、もし会うという事になった場合は1人では行かないよう、念には念を入れて会いに行こうと思います。

 

夕飯の支度を終えて、今日はもう少しでお婿さんが帰ってくるので、皆で食卓を囲みます。私のことをいつも気にかけてくださる、本当に良いお婿さんで、頼りになります。私の今の状況もすべて把握してくれていますから、何でも安心して相談できます。

 

 

 

周囲の人に助けてもらって今を生きられていることを実感しています。この感謝の気持ちを忘れてはいけませんね。

お前には感謝の気持ちが足りない、お前のような何もできない嫁が住む場所を提供してもらっていることにもっと感謝をしろ、役立たず役立たず役立たず・・・

義理の母に日々繰り返し言われてきた言葉を思い出します。あの人には一切なにも感謝をした事はありませんけれど、今私を支えてくれている大切な人たちには心から感謝しています。

 

一刻も早く離婚を成立させて、この生活を完全に抜け出すことが、自由になった私の姿を見せることが、今私を応援してくださっている皆様に安心していただける1番大切な結果です。常に多くの危険や大きなストレスと隣り合わせのこの生活を1分1秒でも早く一変させなくてはいけません。

 

毎日幸せに暮らせているのは、娘家族のおかげです。早く安心してもらいたい、恩返しがしたい、そう思うならもっと私自身が変わらなくてはいけないのですよね。