読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

弟に「体調が優れないから明日は一緒に食事にいけないかもしれない」と連絡をしたところ

5年ぶりの再開なんだ、少しくらい顔を出してくれてもいいだろう?と言われ、待ち合わせ場所のホテルのラウンジを指定されて一方的に電話を切られてしまいました。皆様からいただいたコメントを読み返し、娘にも相談したところ、今は主人やむつみと弟が繋がっていなかったとしても、せめて誰かと一緒に会いに行かないと危ないという判断に至りました。そうですよね・・・万が一何かがあったときに、1人では咄嗟の判断と行動ができないでしょうし、想定外のことが起こったときに思考が停止してしまっては困るので。

弟はあと数日の間は日本にいるようですし、その間にもし可能であれば娘やお婿さんと一緒に会いに行くことも考えます。お婿さんはほんの少ししか面識がないので急に連れていくのも不自然かもしれませんけれど・・・身の安全を考えたら、息子が行動できない今、お婿さんの力を借りる他ありません。

 

お嫁さんからは夕方すぎに1通メールが入ってきて、今夜息子と話し合いをすることになったと言っていました。私の方からは必要以上に連絡をせず、夫婦の話し合いに任せてみます。当然、私が力になれるところ、なるべきところに関してはきちんと協力していくつもりですが。

 

 

 

マイナス思考のままでいては何事もうまくいきませんね。いきなりプラス思考に転換して、なんでも前向きに考えることは難しいのかもしれませんけれど、心配ごとが多いからと言って何でもかんでも悪いほう悪いほうに考えるのは絶対に良くありませんね。気をつけているつもりでも、私の本来の性格がそうさせるのです。いつの間にか、本当に心の弱く貧しい人間になってしまいました。

「人の皮をかぶった鬼たち」によってすり減らされて、衰弱してしまった心を潤し、満たすのは今後の自分の生き方次第だと思っているので、少しづつでも・・・したを向いている時間をほんの少しづつでも前を向き、上を向き、良い発想ができるように頑張っていきます。

 

明日、弟に朝一番でもう一度連絡をするつもりですが、私の言い分を受け入れてくれるでしょうか・・・弟がその気になれば主人やむつみと繋がることができるのか、それとも連絡先そのものが手元にないのか、定かではありませんので、少し慎重になります。