読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

義姉が家に突然あらわれ

お嫁さんから連絡が入りました。何の前触れもなく、むつみがひとりで突然家に来たと。訪問理由は「あなたと一度ゆっくり話をしてみたかったから」と・・・絶対に何かたくらみがあっての訪問ですが、お嫁さんは今日これからお客様が来る予定になっているのでと、咄嗟に断ったそうです。

でも、不服そうな顔をしていたむつみは、もしかしたら家の近くで本当に家に誰か来るのかと見張っているかも知れないと心配していました。あの人ならありえそうな話なので・・・心配です。私と娘がその「訪問者」として行くわけにはいきませんし・・・いっそのこと家を出て私たちと合流しようか?と話しましたが、今は孫がちょうど昼寝をはじめてしまったところで、もともと少し体調を崩しているから、このまま少し様子を見てみます、とのことでした。

むつみが1人でお嫁さんのところへ行ったのは、恐らく息子のこと自分たちよりに取りこんだから次はお嫁さんや孫も囲いこもったのではないか?と私は推測しています。

 

 

 

何か実際の被害を受けているわけではないので、警察に相談するのもおかしいですし・・・しかし精神的なストレスが続くからと、あまりにしつこく家に来るようであれば被害届は出せますよね。そこまで精神的に追い込まれてしまうギリギリのところまで、我慢させたくありませんし。息子が早く本当に大切なのは「主人たち家族」の方ではなく「身近にいる自分の家族」であることに気付いてくれるといいのですが。

 

もはや、むつみや義理の母は、私を連れ戻すという本来の目的から大きくはずれて、別の行動をしはじめているように感じます・・・弁護士先生からの正式な通知が届き、大人しくなってくれれば良いですが、それだけで素直に引き下がるとも思えないので私もいつでもあの鬼たちを警察につきだす準備をしておくつもりです。

 

私や娘に相手にされなくなったら、次は息子のお嫁さんにまで手を出して・・・本当にあの人の考えや行動は信じられません。毎日暇で仕方ないのなら、仕事を探したり、有意義な趣味を見つけたり、他にすることはいくらでもありそうな気がするのですが。早くあの人たちと完全な他人になって、何も考えずに過ごせる日々が訪れることを切に願っています。