読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

警察で言い渡された衝撃的な内容に関して

少しづつ自分なりに気持ちと頭の中を整理していますが、まだ完全には落ち着いていません。弁護士先生という強い味方がついていても、あの人たちの行動を100%抑制できるわけではないと、言われる前から知っていたのにも関わらず、改めて先生からそう言われると不安な感情が出てきてしまいます。

「弁護士は何でも屋ではない」

そうなんですよね、法律の専門家として、私の主張が正しいものとして相手を納得させてくれる人、離婚という1つの着地点まで私をサポートしてくれる人であって、あらゆる外敵から守ってくれるというわけでも、私の心理的な部分をケアしてくれるカウンセラーでもないのですから。

引き続きお世話になりながら、私自身や大切な家族の身を守ることについては、自分自身が今よりももっと色々と考えて、正しい行動をとっていかなければなりません。

 

警察へ行き、娘のお婿さんの紹介もあったので、現状の事をお話してきました。家の周辺の巡回を強化するだとか、今後何かがあれば相手側への注意をしてくれるという約束をしていただいたのは良かったのですが、何かが起こってしまってからでは遅いわけですから・・・そうなる前の段階で、この人たちに気付いてもらえるよう、動いてもらえるよう、私自身が動かなければ駄目なのだと思いました。

もちろん、私の事を心配して色々と聞いてきてくれているのですが、言い方は悪いですが、そんな事は分かっているんです、それは言われなくてももうしてます、という内容が多く、どうしてももっと事態が深刻な状況になってからでないと本気では取り合ってもらえない?という印象を受けてしまいました。(私の感じ方の問題かも知れませんが)

 

例の小包の件についても、ある程度の詳細が分かりました。

 

 

 

警察で教えていただいた情報を、念の為いまはここで詳細には書けないのですが、電話番号の主のこと、あの荷物を私に渡したかった理由、そして中に同梱されていた鍵についてもある程度のことが判明しました。それは私にとって衝撃的な内容でした。

落ち着いたときにこの事も話をさせていただきたいと思いますが・・・本当にため息しか出てきません。くやしくて涙も出てきます。考えることが次から次へと。今更気付いても遅すぎるのですが、あの家族と関わりを持ったことで、私の人生は完全に崩壊しました。子供たちや孫たちの事を考えると、主人がいなければ誕生しなかった命ですが・・・その事を考えなければ、私はあの人と結婚し、あの一族と関わりを持ってしまった事を心の底から後悔しています。

 

その後の息子の事も次の更新のときに書かせていただきたいと思っています。昨日お嫁さんと話をしていて、私は今までの自分の行動や考えの間違いに改めて気付かされることになりました。

あの子たち家族も今苦しんでいます。娘にもたくさんの迷惑をかけてしまっています。私自身はまだあの家を出てからほんの少しの距離しか前へ進めていません。

 

少しづつでも前へ進めていることを良しとするのか・・・周囲の人を大いに巻き込んでしまっている現状を一刻も早く変える必要があると思いながらも、自分自身は何もできていないことに苛立ちを感じています。