読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

弁護士先生は、私が離婚をして新たな人生を歩めるよう真剣に考えてくださいました。ただし、

ご報告が遅れてしまい申し訳ありません。昨晩は頭の整理を仕切れずに、考え事をしている内に朝方になってしまいました。少しだけ休んだのですが、まだ頭は完全にスッキリしているわけではありません。

今日は家を出ずにゆっくりしている予定なので、少しづつ頭を整理しながら昨日の出来事についてここへ書き込ませていただきたいと思います。

 

弁護士先生にお会いして、話をしてきましたが、この短期間でたくさんの資料を作ってくださり、離婚完了に向けてわかりやすい筋道を立ててもらえました。お話を聞かせてもらい、今後の事を説明していただいた時点で安心感に包まれていたのですが、先生はこれはあくまで理想の流れで進行した場合だと付け加えました。

まだ相手がどのような事を言ってくるか、どのような行動を取るかは分からないので、この流れをベースにはするけれど、途中で方向転換を強いられる可能性もあると。私が提出している証拠や、過去の出来事などに目を通してくださっているせいか、あの家族のこともある程度理解していただけたようで、先生もかなり慎重になっておられました。

 

 

 

先生とお話をして分かったのは、離婚調停は順調に進んだ場合でも結構な時間がかかること、相手が細かいところに反論や言いがかりをつけてきたときにはさらに時間がかかるということ。必ず離婚をして幸せな人生を歩んでいただけるように尽力しますが、予想外のことが起こり得る可能性もあると頭に入れておいて欲しいと言われました。

 

離婚の事以外にも、今現在の状況について話をしました。主人やむつみや義理の母のこと、息子のこと、弟の話も少しだけ・・・

先生は今は相手との接触は絶対に避けた方がいいと言っていましたが、たとえば相手が本当に犯罪を犯そうと考えたとき(極論ですが)その時には法律の力で抑えつけようと思っても限界がある。警察へ相談をしていたとしても、犯人を止めることができなかったという事例はたくさんあるから、今の内に出来ることは全てしておいて(警察への相談も含めて)普段からの警戒も少し大げさくらいにしておいてくださいとおっしゃいました。

一応、相手には全て今後連絡は代理人の私を通してくださいという通知は送ってくれると言っていたので、これであの人たちからの連絡は少し落ち着くのかな・・・と思っています。

 

色々な事を話して、気持ちは軽くなりましたが、弁護士先生にお願いをしているのは離婚手続きを円滑に進めてもらうことであり、私たちを完全にあの鬼たちから保護してもらうこととは全く別なのだと改めて実感しました。

それでも、弁護士先生はとても良く私のことを考えてくださっていますので、今後も頼りにしたいと思います。

 

少しづつでも、私と主人が夫婦でなくなる瞬間は近付いてきています。私が弁護士先生の足を引っ張ってしまわないように細心の注意を払いながら生活していこうと、改めて強く決心しました。