読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

弁護士先生と明日お会いした後、警察へ行きます

仮住まいのアパートに届いていた荷物についての詳細を確認しに行ってきます。あの謎の荷物が何なのか、私たちに危害をくわえるものでないのなら別に今となってはどうでも良いのですが・・・荷物の中に入っていたメモに書かれた電話番号の相手が、私の名前を言ったと報告をされていますから、わかっている範囲で話を聞いてみようとは思っています。

娘はどうせ義理の母やむつみが企んだ何か良からぬ悪戯だと予想していましたが、そうなると、私の住んでいたあのアパートの場所はあの人たちに知られていた事になる?お金を払って雇った誰かが調べたのかも知れませんけれど、本当に何の手がかりもなくそんなに人を簡単に見つけられるのか、疑問です。

 

かなり前の日記に弟の事は書いていましたが、今まで触れなかった理由は、今日書いた通りです。正直なところ、私の大切な両親と弟はぶつかっている事の方が多かったですし、家族としての良い思い出はそれほど多くはありません。

ここには書けないような重大な事故も我が家の中で起こりました。(書いてしまうと身元が判明してしまう恐れがありますので)話題に事欠かないような弟ですから、今までの人生の中で何度も大きな失敗を繰り返し、その分成功する時には普通の人が手に入れられないような大きな成功を納めます。そんな彼にとって、ひとつの家庭の小さな問題などさほど興味がないのです。「今が楽しければそれでいい」そうおもって生きている典型的な人間です。

 

 

 

3日後の帰国の日、唯一の家族の私が彼を受け入れなければ、悲しい思いをすると思います。決して会いたくないわけではないのです。ただ、主人や義家族とは会って欲しくないという話で・・・今の状況を話してみて、そのことを受け入れてくれるのであれば、私は子供たちとも弟をあわせたいですし、一緒に食事を楽しんでこの5年間でお互いに起きたことを語り合いたいとさえ思っています。

 

両親が亡くなって、一緒に辛い時期を乗り越えました。あの当時は本当に辛かった・・・弟はたくさんの後悔をしていました。取り返しのないことをたくさんしてきた人生を心から悔いていました。だからこそ、今の人生があるといつも話しています。

主人やむつみと、彼がどうして意気投合しているのか、なぜあんなにもお互い惹かれ合っているのかは不明ですが、とにかく今は・・・というよりも今後はあの家族に弟のことをあわせたくはないと考えています。どのような手を使えば良いのかはわかりませんが・・・

私が長年変えていなかった携帯電話の番号を変更している時点で、薄々は今の状況を予想しているかも知れませんが、味方になってくれるかも知れないという淡い期待は持ちません。

 

 

孫が私の似顔絵を書いてくれました。絵の中の私は幸せそうな笑顔を振りまいていました。現実の私はこんなにも眉間にしわばかり寄せているのに・・・

まだまだ解決すべき悩みが多すぎて、本心から笑顔になれる日が近くまできている気がしません。