読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

箒で大きく膨らんだお腹を突きながら、心から潔白だと言えるのか?と何度も繰り返し尋問されたことで

昨日は落ち着きを失ってしまい申し訳ありませんでした。今もまだ完全には安定していませんが、昨日よりは幾分ましな状態になりました。ただ、薬を飲んで寝たにも関わらず眠りが浅かったようで倦怠感と頭痛が酷いです。おまけに、義理の母のことや息子のことを考えすぎているせいか、昔の苦しかった頃のことが鮮明に夢で繰り返されてしまい、嫌な気分で目が覚めました。

 

今日の天気はどんよりと、私の心の中をそのまま映し出しているようです・・・本当なら孫たちを連れてお花見にでも行きたいところですが、今の状況ではそんなごく普通のことすら出来そうにありません。

 

私のお腹に息子がいる頃、お腹が大分大きく目立つようになってきた頃に、頻繁に我が家に来ていた義理の母に毎回のように言われていたのが、これは本当に息子の子なのか?という言葉。何を思ってそのようなことを言っていたのか分かりませんけれど、その言葉は息子を出産した後にも繰り返し言われることになります。

 

 

 

息子を妊娠したときは、つわりこそ重くなかったものの、体調を崩しがちで横になっていることも多く、普段に比べれば家事が滞って入る点もあったと思います。そんな私の姿を見て、だらしない、働かない嫁なんていらないと言うのはいつものこと。毎回口うるさく怒鳴られればそれはストレスにはなりますが、それほど気にしないようにはしていました。

ある日お腹のはりがきつくて休憩をしていると、箒で私のお腹を突きながら、ここに入ってるのは本当に息子の子なのか?心から潔白だと神に誓えるのか?と言われ、しかもかなり強く突くので思わずお腹をかばいながら「やめてください」と大きな声を出してしまったのです。それに腹を立てた義理の母は、箒で何度も私の背中を叩きました。

過度なストレスで流産をするという話も聞きますし、私は当時のコントロールできない自分の感情が本当に心配で、怖くて、そして義理の母からの物理的な暴力も恐ろしくて、本当にこの子を無事に産めるのか、この子と会えるのかと毎晩のように泣いていました。

 

その頃の記憶が夢の中で鮮明に蘇ってきて、当時のことを思い出してしまいました。辛いことは連鎖するのでしょうか・・・全ての原因は自分の弱い心と分かっていても、今すぐにはどうすることもできないのが非常にもどかしいです。