読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

義理の父は私と娘の事を恨んでいるそうです。退院が決まったという事は、元気になったのでしょうけれど、退院後に娘の家まで来て

息子のお嫁さんが連絡をくれて、義理の父の退院を知りました。最初からそれほど大した病状ではなかったようで、来週には退院できるとのこと。こう言ってはなんですが、最初から身内が総出でお見舞いに行くような大げさな話ではなかったのです。

義理の父はお見舞いに行かなかった私と娘を酷く憎んでいると息子づてに聞いたと教えてくれて、直接家に乗りこんできても怖いから十分に警戒してくださいと言っていました。以前も娘のマンションの前で待機していた事がありましたし、来ようと思えば来れますものね。万が一近所であの人の姿を見るような事があったら、たとえ今は身内であっても躊躇なく警察に通報します。

 

たしかに私たちは何を言われてもお見舞いにはいきませんでした。でもそれで「恨み」まで持つのは間違っていますよね。ひょっとしたら、主人やむつみは必要以上に誇張した内容を義理の父に伝えているのかも知れません・・・むつみは娘に着信拒否をされた腹いせに、あることないこと吹き込んでいる可能性があります。そういう事が大好きな人なので。

 

気にしても仕方がないので、あの家族から何と思われていても気にしないようにはしますが、外へ出るときの警戒だけは忘れないようにします。

 

 

 

息子からは娘のところにもあれから連絡がありませんが、お嫁さんが色々と教えてくれました。想像通りあまり宜しくない方向へ進んでしまっているようで、この後お嫁さんがここへ来ることになりました。私の事を頼りにしてくれるのなら、出来ることは何でもしたいと思っていますし、全力で協力するつもりです。

1人の自立した大人として、あの子の意思で行動する内容に関しては放っておいてあげるのが本当は1番良いのかも知れません。しかし、今のままではきっとお嫁さんや孫の笑顔が失われてしまうのです。それなのに見過ごすことは私にはできません。

 

必要であれば息子にも会って話をしようと思っているほど、私はお節介な親です。あの子が私や娘の言葉に耳を貸さないくらいの状況にまで陥っているとすれば・・・どう話したら良いのか皆で考える必要がありますが、完全に主人たちに毒されてしまう前に(そうはならないと信じたいですが)こちら側に引き戻してあげたいと思っています。

 

お嫁さんと話しをした後に、またここへ吐き出させてください。いまのままの流れでは、よからぬ方向へ進んでしまいそうな予感がしています。