読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

朝方にも主人からメールが入っていました

昨日体を動かしていたせいもあって、今日はぐっすりと眠れました。朝はスッキリと目が覚めて、時刻は5時半頃だったのですが・・・すでに主人からのメールが届いていました。

 

父親の見舞いにもこない薄情な嫁に会って話がしたいと母が言っている

弁護士抜きで一度話がしたい

お前の意見はできる限り尊重する意思はある

いつまでも意固地になって会いたくないを突き通せるはずはない

 

これらのメッセージが送られてきたのですが、とにかくあの人は一度直接会って話がしたいという主張のようです。しかも弁護士を介入せずに。

以前息子に言っていた通り、家族なんだから第三者を入れずにまずは家族間で話すのが当たり前という考え方なのでしょう。今更家族という事を主張してこないで欲しいですが・・・義理の母も、今は外で逃げ回って言うことを聞かない嫁でも、自分の目の前まで連れてくれば、もう二度と飛び回れないようにその羽をもぎ取ってしまえる自信があるのかも知れません。

私が弁護士を雇ったという事を知っても尚、このようなメールを送ってくるのはどういう考えなのでしょうね。

 

 

 

離婚に反対なのはいいですし、納得いかないと言われても構わないのですが、それはすべて弁護士先生と話して欲しいです。もう私や子供達を巻き込まないで欲しいです。今後先生を通じて、そのように連絡がいくのでしょうけれど。その命令に対して本当に従ってくれるのかは疑問です。

先日お婿さんと話をした際に、世の中には法律を無視して、警察の存在すら無視して、自分の目的を達成するためなら何でもするような人種がいる。逮捕されるならそんな事しないでしょ?人目が気になってできるはずないでしょ?という考え方はあくまで一般的な考え方であって、凶悪な犯罪を犯す人間にはその感覚はありません。という話をされてゾッとしました。たしかに、すべての人が一般的な考え方をしていたら犯罪なんてそんなに起こらないはずですものね・・・

 

あの人たちが「普通ではない」という事はお婿さんも理解してくれていて、自宅周辺の巡回の強化をしてくれたり、何か異常があった時にはいつでも連絡をしてくれて大丈夫と言ってくださっています。

 

そう考えると、弁護士先生と契約を交わして、離婚に向けてスタートできる状況になった今でも、離婚が無事に成立した時でも、私が1人遠い地へ姿を消した時でも・・・終着地点はどこでもないような気がしてきてしまって。あの人たちがあそこにいる限り、私たちに執着している限り、本当の解決にはならないのではないかと不安に感じています。

 

それでも今は、今すべきことや出来る事をするしかありません。今日届いた連絡と昨日の事を含めて弁護士先生には連絡をしたので、専門家の対応を待ちます。