読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

姑がいつも口にしていた「義理人情」という言葉。あの人とはかけ離れた言葉だと思うのですが

何かにつけて義理人情という言葉を発していた義理の母。私の知る限り、あの鬼のような人が使うには違和感のある言葉でしたが・・・今日私が主人に連絡をしないこと、病院へ足を運ばないことは、義理の母の中では「義理人情のかけらもない屑嫁」という事になるのでしょうね。

いくら嫌いな人であっても、弱っているときにあまり悪くは言いたくないのですが、私はあの義理の父に対して何の義理も情もありません。こんな事を言うと冷たい人間のように思われてしまうかも知れませんが・・・ただただ、苦手な人としか感じたことがありません。なので、今主人経由であの人が倒れて入院をしたと聞いても、何も感じることはないのです。冷静に何の感情も抱かずに、その事実を受け止めるだけ。本当にただそれだけです。

 

息子のところにも連絡が入っていないかと心配になり、メールを送ってみましたが今のところは返事がありません。あの子は自分の犠牲よりも相手への情で動いてしまうところがあるので、今回のことでまたあの家族と接近しなければ良いのですが・・・本人の意思に任せた方が良いのかと考える反面、早めに抑制しておいた方が良いという気持ちも強いのです。

 

弁護士先生から連絡が入り、時間をとれるのが来週の月曜日になってしまったと言われました。

 

 

 

お忙しいでしょうし、仕方がないので月曜日の面談を了承させていただきました。その日にお会いして、もう少し詳しく現状の話をして、契約をしてこようと思っています。今後の費用面のことなど不安がないと言えば嘘になりますが、今は将来的な不安よりもいまをどう生き抜くかの方が大切だと思うので、離婚に向けての歩みを早めるために、恐れず前へ進みます。

 

それから、お婿さんから私に届いていたあの荷物について、警察署で聞きたいことがあるからと、時間のある時に行って欲しいと言われました。差出人について何か詳しいことが分かったのか・・・私を名指しした相手は誰なのか、全く予想がつきませんが、近日中に確かめてきます。考えることが多すぎて、完全に私の頭はパンク状態です。

毎日ためいきをついている私を見て、孫はばあばは疲れてるの?と聞いてきます。あんなに幼い子にまで心配をかけてしまっている現状、恥ずかしいですね。

 

主人はどうやら仕事を休んで病院に行っているようで、同じような内容のメールが先ほどから何通か私に届いています。何を言われても私の足が病院へ向くことは無いのに・・・主人の私の気持ちに歩み寄ろうと思うタイミングが、あと20年早かったら結果は何か変わっていたのかも知れないのに。何もかももう遅すぎます。

 

今日は外へ出る予定もありませんし、もう少し念入りに弁護士先生に提出する資料などを整理しておこうと思います。