読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

母のことを思うなら行動するのは至極当然のこと

昨日は遅くまで娘と話していました。むつみからの連絡なんて無視してしまえばいいのは分かっているんです。しかし、あの言い回しがどうにも気になってしまって・・・もし本心で義理の母の考えとむつみの考えが対立しているなら?もし本当に今後の義理の母の計画している内容を教えてもらえるとしたら?そんな考えなど捨ててしまえばいいのに、完全に無視仕切れずにいました。

 

娘も直接むつみに会いにいく事はやはり危険だしリスクが伴うと考えて、昨晩むつみにメールを送っていました。なかなか会いに行くのは難しいから電話で話せないか?と・・・

そして、今朝になってむつみから返信がきました。こちらの心情を分かっていながら弄んでいるのではないかという内容が。

 

自分の母親のことを思うなら、行動するのは至極当然。私からの条件は会って直接話をすること。それ以外は受け入れない。

 

 

 

頑なに1人で直接会いにくることを要求してくるのは、やはりその先に何か別の考えがあり、何かを企んでいるからなのかも知れません。私はこのメールを見て、何か言葉では言い表せない恐怖を感じてしまい、やっぱりむつみに会うのも話をするのも諦めようと娘に提案しました。娘は渋い表情をしていましたが・・・きっと諦めてくれると思います。

それならやっぱり無理。私は会いに行けないし、おばあちゃんの考えを聞きたい思いはあったけど、どうにもならない。とメールを送ったら、むつみはどう答えるか。返事に迷っている様子です。

 

私は今日、弁護士先生に会いに行きます。今度こそ強い味方になってくれて、主人との離別を円滑に進めてくださると信じています。皆様からのアドバイスを読んでいて思いました、弁護士はカウンセラーでは無いし、万能ではありませんから、こちらの要求や希望をすべて叶えてくれるものと思わない方が良いのだと。たしかに求めすぎていたのだと思います。現状の辛さ、思いをすべて弁護士先生がどうにかしてくれると、過度の期待をしてしまったが故に、判断が鈍っていたのだと思います。その点を反省しつつ、今日新しい先生とお会いして話をしてきます。

 

まだまだ考えることや、解決すべき問題が数多くあり頭が痛くなりますが、まだ離婚問題は始まってすらいないのですから、こんなところで躓いていたらこの先やっていけませんね。気持ちをしっかり持ち直して前へ進みます。

自分自身が行動を起こさなければ何も解決はしませんので。