読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

ちょうど息子からの連絡が入りましたので、相談してみました。すると、息子のところには

仕事が終わった息子から連絡が入り、孫の記念日の写真が出来上がったから近日中に1枚持って行くよと言ってくれました。この先、特に私が引っ越しをしてからは、そんなに頻繁には会えないでしょうし、そういう孫の成長が見て取れる物のプレゼントは1番嬉しいです。私にとって今1番の癒しは孫の存在ですから、この子たちの笑顔を失わせてはいけないという気持ちで奮起して頑張れます。

 

息子から連絡をもらったついでに、今日の娘へのむつみからの連絡について相談をしてみました。罠と思う反面、どこかで本当になにか義理の母の考えている事についての詳細を知れたのなら、その内容を録音できたとしたら、今後の離婚裁判でも有利になるという考えも娘の中では大きいようです。

息子の考えは、やはり「それは確実に何かたくらんでいると思う」というものでした。むつみが1人で会いに来てほしいと娘だけに連絡をしてきたのには理由があり、その先に何か作戦が潜んでいるはずだと。義理の母はそこまでを計算して、一見仲間割れともとれる発言をしておいて油断させている可能性が高いと言っていました。そうですよね・・・急に、あたかもこちら側に寝返ったような発言をする時点で明らかに怪しいですものね。

 

そして、息子のところには今日の昼休憩の時に主人から電話がかかってきたとの事でした。そしてはじめて、あの人の口から「離婚」という言葉が飛び出したと。

 

 

 

今までは、確実に気付いてはいるのでしょうけれど、それを言葉に出してしまえば認めたことになると、変なプライドが邪魔をしてその現実に目を向けようとしなかったのではないかと推測しています。あの人が考えそうなことです。

しかし、今日息子に連絡をしてきた時に主人は「母さんはもしかしたら離婚を考えているんじゃないか」と弱弱しい声でそう言ったそうです。今更ですよね。何を今更・・・

 

息子はハッキリとは答えず、今まで自分たちがしてきた事で、こんなに連絡が取れない程に傷つけてしまったのなら、母さんが出す答えに文句は言えないし、その意思を尊重する気持ちでいた方がいいんじゃないの?と伝えてくれたと言っていました。その息子の言葉に対して主人は、離婚はしない。話せばきっと分かる。母さんは勘違いをしているだけだと・・・勘違いはあなたですよ。と声を大にして言いたいです。

 

自分には母さんの真意は分からないし、今どこにいるかも正直分からないと伝えたそうですが、主人は最後に「そう遠くない時期に家族皆で話し合いをすることになるだろう、母さんもお前たちも含めて」と言ったそうです。何か不気味な発言・・・秘策でもあるのでしょうか。ただ単にそう言ってみただけなのかも知れませんけれど。

 

 

娘は明日自分からむつみに連絡をして、話は誰にも口外しないから電話で済ませて欲しいと言ってみるそうです。それでも、直接会って話をしないと伝えられないと、もしむつみがそう言ってきたら明らかに怪しいですね。

何をたくらんでいるのかは分かりませんが、何かを考えてあの人たちが動きだしているのは確かなので、こちらも弁護士先生になるべく早くお願いをして、あの人たちと安全な距離を確保することに集中したいと思います。