読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

以前お伝えした、仮住まいのアパートの大家さんが届けてくれた荷物の中に入っていた電話番号の主と連絡が取れ

今日お婿さんのお知り合いの方から連絡をいただきました。警察に預けていた大家さんから届けられていた荷物。小包の中に入っていた謎の写真と鍵と電話番号のメモ。警察に預けて、その電話番号について、また写真や鍵についての調査をしていただいていたのですが・・・今日連絡が届き、その電話番号の主と連絡が繋がったと教えていただきました。

全く覚えのない風景が映し出された写真ですし、鍵については当然わかりません。電話番号も私の電話帳の中には記されていないものでした。なので、あの小包は完全に私のものではないと確信していました。私のようにワケありの人が多く暮らすアパートですし、住人の出入りも激しいので、前に住んでいた人の関係者が届けたものだと思っていました。

 

小包の中に入っていた電話番号に警察が連絡を繋げた結果・・・その電話に出たのは女性だったそうです。大家さんのところへ訪ねてきていたのは男性。電話の主は女性。関係者なのか、荷物を届けた人物と電話番号の主は全くの無関係なのかわかりませんけれど、その女性が口にした人物の名前は・・・

 

 

 

私の名前を告げたそうです。この荷物は私宛の荷物だと。落し物として警察署に届いているという説明をしてくれたようですが、それなら引き取りに行くと、その女性は言ったようです。誰なのか全く見当もつきません。むつみ?義理の母?・・・しかし、声はそれほど年配の女性ではない雰囲気だったと聞きました。頭にはてながたくさん浮かんでいますが、私がいくら考えたところで相手が誰なのかは見当もつきませんから、あとは警察に任せます。お婿さんもこの件に関しては進捗状況を教えてくれると言ってくれましたので。続報を待とうと思います。

 

変なトラブルではないと良いのですが。なんのヒントもなく私に写真と鍵を届けたその男性?女性?は私に何を伝えたかったのか、その答えが電話番号に直接電話をかけたときに待っていたのか。真意は全くわかりません。ただ、なんとなくですが主人やむつみとは関係のない人物なのではないかと思っています。私を知る誰か別の人物なのではと・・・でもそれだとあのアパートのことを知っているという辻褄が合いませんね。もう何がなんだかわかりません。

 

 

孫が寝て、皆がお風呂に入ったので、これから娘夫婦と3人で少し話をしてきます。弁護士先生を早く見つけなければいけないという話も勿論ですが、今後の警察との関わりについても相談しようと思っています。平和的な解決が理想的ですが・・・主人をはじめあの家族にそれを求めるのはさすがに無理がありますよね。

 

今日はきちんと気分転換もできましたし、心のもやもやが晴れたのは間違いないのですが、気がつくと「はあ」とため息をついてしまいます。幸せが逃げてしまいそうで嫌ですね・・・