読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

お墓参りをしている最終に、急に激しいめまいに襲われてしまい、その場にへたりこんでいると

予定よりも少し遅くなりましたが、先ほど帰宅しました。ちょうど娘たちも出先から帰ってきたところで、孫から小さな可愛らしいキーホルダーのお土産を貰い、早速鞄につけました。私に気を遣って夕飯を外で食べず、買い物をして帰ってきてくれたので、これから支度をして少し遅めの夕飯です。娘も外でうまく発散できたようで、昨日に比べてだいぶ元気な表情になってくれて一安心しました。

 

私の方はと言うと、気分転換に出掛けたお墓参りで急な体調不良に見舞われてしまい、お墓の前でへたりこんでしまいました。立っていられないほどの激しいめまいと、急に動悸が激しくなったのでしゃがんで呼吸を整えていると、たまたま通り掛かった住職さんに声をかけていただきました。そして、わざわざ休憩室へ案内してくださって、そこでしばらく休ませてもらいました。

私はあまり住職さんとは面識がないのですが、なぜか不思議と色々なことを話してしまいました。穏やかな表情で優しく話を聞いてくださる住職さんの独特な安心感についつい甘えてしまい、これから離婚をすること、娘の家に居候をさせてもらっていること、息子にもたくさんの迷惑をかけてしまっていること・・・最近身の回りに起きていることや不安に思っている話が次々に口をついて出てきました。

 

気がつくと私はたくさんの涙を流していました。

 

 

 

住職さんは私の話を優しく頷きながら聞いてくださり、最後に今日ここで吐き出したことで私の心も魂も浄化されたと言ってくださいました。そして、天国の両親が必ず私のことを守ってくれると。ありがたいお言葉をたくさんいただいて、胸につかえているものを吐き出して、涙を流したことでかなり心が軽くなりました。

住職さんには関係のない話を散々聞かせてしまい申し訳ないことをしてしまいましたが・・・凄く感謝しています。

 

両親の目の前で情けない娘の姿(娘といっても52歳ですが・・・)を見せてしまい、みっともないと思っていましたが、天国から見ている両親はそんな事は絶対に思っていないから安心して、今日からをまた大切に生きていってくださいとお言葉をいただきました。

 

お墓参りを終えて、体調も落ち着いたので帰りにたい焼きをお土産に買って帰ってきました。昨日起きたこと、主人や義両親のことや、弁護士探しについては何も解決していない状態ですが、どうにかうまく気分転換と発散ができたと思います。

あとで娘ともう一度話をして、今後のことについて警察官のお婿さんの意見も聞かせてもらいながら決断していきたいと思います。

 

心配してくださる皆様にも早く良い報告ができるように精一杯頑張ります。あの鬼たちには決して負けません。