読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

帰宅しました。何からご報告すれば良いのか・・・順番に書きますね。

思ったよりも時間が掛かってしまいました。まず、弁護士先生についてですが・・・非常に残念でした。見た目はにこにこしていて良い感じでした。しかし、私と娘が話し始めてすぐに、用意していった資料も証拠もさらさらっと目を通しておしまい。費用面のお話がはじまりました。それはお金の話も重要なんですけど・・・まずは私が今苦しんでいること、悩んでいること、相談に乗ってほしいことを聞いてほしかったのです。

法テラスを使って相談をすると費用が抑えられている分、弁護士先生からすれば言い方は悪いですが「お金にならない案件」なのでしょうか。今回は娘だけではなく、私も明らかに対応が雑だと感じてしまいました。それでも折角の機会なので話を元に戻して専門家の見解を聞きたいと思ったのですが、素人にも言えるような言葉しかいただけず。心がすっかり折れてしまいました。

一応名刺をいただいたので、検討しますという話で戻ってきましたが、間違いなくあの先生にお願いをしたとしても、私たちが求めている結果は得られません。私が色々と求めすぎなのでしょうか・・・男性に対する偏見は決してないのですが、女性の弁護士先生を見つけないと、離婚の際にこちらの気持ちを完全には理解してもらえないのかな?と不安な気持ちになってきました。

 

帰りの車の中で娘と一緒に、あれはさすがに酷かったね。と絶句してしまいました。相手の家族のことなんて適当にあしらっておけば大丈夫、くらいの・・・本当にそのような話し方なんですよ。にこにこと言うよりはにやにやしながら。契約金と成功報酬のことしか頭にないのでしょうか。

 

 

 

また探さないといけないね、と肩を落としてしまった娘と一緒に美味しいお蕎麦を食べて前向きな話をしました。今後孫がもっと大きくなったら一緒にお出掛けしたいとか、お料理したいとか、あなたが子供のときには一緒にこんなことをしたんだよ、などの話をして娘を励ましながら、自分自身を奮い立たせていました。

資金もなく、家もない私では、たとえ被害者であってもまともな弁護士さんすら探せないのかと、少し憂鬱な気分になりかけましたが、今回は偶然立て続けにそういった人にあたっただけだから、こんなところで心が折れて立ち止まっている場合ではないと、繰り返し自分に言い聞かせました。

 

その後、息子と待ち合わせをして話をしてきました。息子が私や娘に話したかったことを聞いて愕然としてしまいました。どうやら今日はあまり良くないことばかり起こる日のようです・・・

神様はいつになったら私の味方をしてくれるのか不安になってきます。

 

 

息子との話は次の更新に書かせていただきます