読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

離婚してください。と私からは伝えてはいません。突然主人に電話をかけて「私と別れてください」と直接

娘と話をしていたら大分気分が落ち着きました。そして、弁護士先生についても相談していました。明日新しい先生に時間を割いていただいて面談をしてきます。娘も同席してくれるのですが、こちらの事情を詳しく話して、ある程度の証拠についても最初から見せてしまおうということになりました。それで、親身になって今後の離婚問題について動いていただけそうな先生であれば明日決めます。

いつまでも今のままの状態では不安も大きいですし、何よりも早く離婚について進めていきたいと思っていますので。進めていきたいというよりは「終わらせたい」と言った方が正しいですが。

 

主人はとっくに気付いているのでしょうけれど、私はあの人に直接離婚のことは言っていません。本当なら今すぐ電話をかけて、私と別れてください。離婚してください。とハッキリ言いたい気持ちがあるのですが、当然そんな行動はしませんし、しない方がいいのでしょうね。弁護士先生に相談をして代理人として正式な連絡をするのが正しいのでしょう。そのあたりの手続きや段取りについては無知な素人ですから専門家にお任せすることにします。

 

離婚を経験した方が皆さんそのような感情になるかは不明ですが、私はあの人に未練がない、もうどうでもいい、なんの感情も湧かないと言っておきながら・・・

 

 

 

今落ち着いて思い返してみると、あの地獄のような日々を思い返してみると、あの人が憎いという感情が強くなってきています。憎しみは人の心を汚してしまうと、母から子供の頃教わって、人を憎んだり恨んだりするような事はしないよう生きてきたつもりですが、冷静になって考えれば考えるほど、あの人の言葉ひとつひとつ、行動ひとつひとつを思い返すほど、憎悪が大きくなっていくのを感じます。自分でも止めることができないほどに。

 

だからと言って何かをするわけではありませんけれど、どこかのタイミングであの人に会う機会があるのなら、離婚調停中でも弁護士先生立ち合いのもとでも、もしもこの先あの人と言葉を交わすことがあるのなら、何か直接言いたいという衝動に駆られています。実際に何を言うのか、本当にそんな場面が訪れるのか、それは不明ですが・・・

 

いけませんね、こんなにも憎しみの感情を抱いては。せっかく幸せな環境の中に身を置かせてもらって心の静養をしているのに、心が汚れてしまいます。

今日は明日弁護士先生にお見せする証拠と資料をまとめて、娘ともう少し念入りに話をしておこうと思っています。