読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

例の大家さんから手渡された謎の荷物を警察に提出しました。箱の中に入っていた鍵と写真と電話番号

私には電話番号に直接連絡をする勇気はなかったので、娘のお婿さんにお願いをして警察に提出してもらいました。必要であれば、警察署からあの番号へ連絡をしてくれるそうです。誰宛に届けた荷物なのかを警察の方から確認してもらえれば、あの荷物が私に宛てて届けられたものなのか、別の誰かの物なのかハッキリします。中身に心当たりが無さ過ぎるので、ほぼ私の物ではないと思っているのですが・・・これでもし、電話の向こうの誰かが私の名前を警察に伝えたらと思うと、それはそれで怖いのですが。

 

仕事の話について、皆様からいただいたご意見がとっても参考になり考えさせられます。もう少し自分の中でも考えをまとめて、必要であれば娘夫婦に相談をしてみたいと思います。

 

むつみが離婚問題で揉めている頃のことを思い出していたのですが

 

 

 

その時はむつみのあの性格に嫌気がさした当時の旦那様が家を飛び出してしまった、まさに今の私の状態に似ていたのですが、金銭面ではかなり揉めていたように記憶しています。

旦那様が多大なる迷惑をかけられた、精神的に参ってしまって社会生活もままならない状態だと訴えてきたと思うのですが(主人伝いの話なので完全に全てを把握しているわけではありません)むつみや義理の母は全く気にも留めず。知人の力のある弁護士さんに全てを任せて、勝手に出ていった人間に金を支払う必要なんてあるはずがないと、強気の姿勢を崩しませんでした。

 

その後、弁護士さん同士が何を話したのか、まさか義理の母やむつみが弁護士を通さずに何かしらの圧力を加えたとは考えずらいですが・・・最終的に相手は当初の慰謝料請求を取り下げたのです。結果的にその後にどのような金銭の動きがあったかは分かりませんけれど、大金を支払うようなことはしていなかったと思います。

 

自分が原因で相手が出て行ってしまい、離婚することになったのに、我が家でむつみと義理の母が「あんなバカを相手にする必要なんてない」と大声で笑っていたのを聞いて、離婚直後なのに何も気にしていないその態度にゾッとしたのを覚えています。

あの時のことを思い出すと、私が弁護士さんを使って慰謝料請求をしても、何かしらの理由を付けてもみ消されてしまうのでは?と不安になります。私が過去に書いていた日記で脅してきたり・・・こちらの手元にもたくさんの証拠がありますが、あの人たちの方がずるがしこい頭の使い方は得意なので。丸め込まれてしまわないかが心配で仕方ありません。

 

 

今日は娘と孫のリクエストで餃子を作ることになりました。私が作るときには皮も手作りで作るのですが、孫がこねこねが大好きですから手伝ってもらおうと思います。

美味しいご飯を食べて、家族団らんを楽しんで、温かいお風呂に入って、ゆっくり眠れば、本来なら次の日は元気に目覚めてまた1日頑張れるものなのですけれど。今は心のどこかで常にあの家族のことがひっかかっていて、いつももやもやしています。

 

大丈夫、きっと頭の中のこの靄が晴れる日は訪れますよね。