読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今すぐ消えてしまいたい

主人の親族にいびられ続けて精神的に限界です

DVに苦しんでシェルターに入ったから連絡も取れないし今いる場所も知らない

外の空気を吸って気分転換をしたかったのですが、週末ですし主人やむつみに外で遭遇する可能性がありますから諦めました。もしまたマンションの下まで来ていたらと思うと・・・車で外出することすら躊躇してしまいます。

娘と話をしていましたが、今はとにかく家に一緒にいてくれた方が安心だから、変な気は起こさないでと言ってもらいました。その言葉は嬉しいのですが・・・やはり私のせいで今回のようなことが繰り返される可能性があると思うと、ここにいない方が良いのではないかという思いが捨てきれません。

娘の厚意に甘えると決めた以上は、別の考えや行動をするべきではないのはわかっているのですが・・・かなり葛藤しています。

 

娘は主人やむつみが次の行動をする前に連絡をして、お母さんはシェルターに入ったからもう居場所も分からないし、お父さんが追い詰めたせいで大変な状態になってると伝えた方がいいかもしれないね、と言っていました。今日息子とも話してから実際の行動を決めようとは思いますが、例えばそんな風に言葉で伝えただけであの人たちが信じてくれるかどうかは疑問です。

 

 

 

土日になると集まって、食べたいものを食べてお酒を飲んで楽しそうに過ごしていたあの人たちは、今頃あの家で家族会議でもしているのでしょうか。私をどんな風に捕まえて、どんなお仕置きをしようかと作戦を練っているかもしれません。

私はあの人たちには絶対に捕まりません。捕まるわけにはいきません。

 

子供達は真剣に私のことを心配してくれています。私よりも冷静に色んなことを考えていますし、今回は大人しくあの子たちの判断に従うことにします。週明けには新しい弁護士さんを紹介していただきます。一刻も早く専門家に間に入ってもらうことが大切でしょうから、いつまでも恐怖を引きずらずに私は私にできることを1つづつ確実にこなしていきます。

 

地獄から這い出してきた鬼たちが、すぐ先まで迫って来ている恐怖は・・・もう二度と味わいたくありません。